生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 便利にお得に両替しよう!銀行でお金の両替をする方法

便利にお得に両替しよう!銀行でお金の両替をする方法

海外旅行の際に、ユーロやドル、韓国ウォンと日本円を換金した経験がある方は多くいらっしゃいますよね。海外通貨だけでなく、日本国内においても、日本円をお得に両替する方法があるのをご存知でしょうか?こちらでは、一万円札を「五千円札・千円札・小銭」にしたり、両替手数料を無料にしたりするなど、具体的なケースを交えながら、お勧めの方法を紹介しています。銀行窓口と自動両替機はどちらが便利でお得なのか?というメリット・デメリットも合わせてチェック!

2012年05月20日作成

 views

お気に入り

「両替機どこ?」と急に必要な事態に陥ることはありませんか?おつりの出ない支払をしなければならない時や、イベント時の人混みの中にいる時、なるべく素早く支払を済ませたいものですね。そんなときに便利なのが、銀行でのお金の両替です。

ここでは、お金の両替方法について、筆者の利用している「銀行での両替方法」について解説していきます。イベントごとに備えて、お金をある程度揃えたい人にオススメです。気になる両替手数料についてもご紹介しますよ。

目次

おつりのでない支払のために!

子供の学用品の集金や習い事の月謝の支払いなどは、おつりなく支払いをしなくてはなりません。祝儀や香典もぴったりの金額を包みます。

また、インターネットショッピングでも料金はおつりなく用意したいもの。配送業者がおつりを持ち合わせていないこともあります。おつりを出す手間をはぶきたいのも、配送業者の気持ちなんですよね。おつりが必要な場合はこちらとしてもなんだか申し訳ない気持ちになりませんか?

そんなときのために、あらかじめ一万円札を「五千円札・千円札・小銭」に両替しておくと便利ですよ。

筆者宅では月に一度、主要銀行で30000円を千円札に両替しておきます。

一万円札を「五千円札・千円札・小銭」に両替する方法

銀行据え置きの自動両替機を利用します。自動両替機へ30000円を投入。すると、30000円以内で自分の好みで5000円札・1000円札・500円玉・100円玉・50円玉・10円玉・5円玉・1円玉の枚数を指定します。すると、指定した枚数で両替されて出てきます。

両替手数料を無料にしよう!

両替後の枚数が1枚~49枚までは両替手数料が無料です。ですので、高額を両替したい場合は、その範囲で収まるように数回に分けて両替をするようにすることで手数料が無料になりますよ。

小銭を大きなお金に両替する方法

小銭もある程度持っていると、インターネット通販の着払いをするときに便利ですよね。しかし、小銭ばかりで支払いをしても、急いでいる配送業者の方も迷惑を感じるでしょう。お店でのショッピングも同様です。小銭で支払いをしてレジに長蛇の列ができてしまった…なんてことはないでしょうか?

お店が込んでいる時や忙しく集金される方には、なるべくぴったりの金額で支払いをするように心がけたいですよね。

家に貯まった小銭も、主に銀行の自動両替機で両替するようにすると便利です。

小銭の両替方法

銀行据え置きの自動両替機を利用します。小銭を自動両替機の小銭入れに投入すると自動で計算されて、ぴったりのお札と残りの小銭で両替されて出てきます。数える手間もなくて便利ですよ。

両替手数料を無料にしよう!

両替後の枚数が、1枚~49枚までは両替手数料が無料です。49枚まででなければ無料なので、ある程度小銭がたまっていても、安心して両替をすることができます。

自動両替機と窓口両替の手数料比較

自動両替機での両替は、両替後の枚数が1~49枚までは手数料が無料になります。

それに比べて、窓口での両替は1~49枚までは無料になりますが、それは持参した金種の合計枚数か、持ち帰りの金種の合計枚数のどちらか多い方が対象になり、49枚までなら手数料が無料になります。

時間・費用、どちらがお得?

仮に小銭を50枚以上の窓口での両替をした場合は、両替手数料が315円発生してしまいます。以前、小銭貯金した小銭を窓口へ持ち込んだら手数料で相殺されてしまい、驚きました。

このようなことを踏まえると、自動両替機での両替のほうがお得です。しかも、窓口での両替は時間がかかってしまうので、そのような面からも自動両替機のほうが便利だと言えるでしょう。

便利な両替方法をおさえて、うまく活用しよう!

生活の中でたくさん利用するお金。使いやすく両替して、外出時でもスマートに過ごせるといいですよね。

自動両替機はとても便利でお得です。ぜひ活用しましょう。

(image by amanaimages)(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141030162650 5451e83a279e8
  • 20120519212502 4fb7911e15f00

本記事は、2012年05月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る