生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 家族の絆を考えるきっかけになるマンガ

家族の絆を考えるきっかけになるマンガ

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

2000年以降の、家族っていいなと思えるマンガの1つ『ちょびっツ』を紹介したいと思います。女性でも男性でも読めます。
ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)

『ちょびっツ』は、マンガファンには憧れのCLAMPさんの作品です。家族の在りかただけでなく、人の容姿をした人工知能を持つPC(ヒロイン)と主人公との恋愛も描いており、とても斬新的です。 

TVアニメ版もあるのでDVDなどでも見られます。

『ちょびっツ』の3つの魅力

主人公の成長

人工知能をもつPCに恋愛感情を持っていいのか悩む主人公の姿に、家族の定義とは何かを考えさせられます。皆さんにとってペットは家族ですよね?それでは、人の容姿をしたPCは家族にできますか?未来ではどうなるのでしょうか。

ヒロインの懸命さ

人になれない自分と分かりながらも、主人公のために家族同然に尽くそうと努力に努力を重ねていく。もし、私たちがPCだったら家族や恋人と認めて貰いたくなるのではないでしょうか。

ヒロインの家族が不明

自分を創った両親を知らない記憶喪失のヒロインは、家族が誰であるのかわからず、愛を求める一面を見せます。その孤独感や喪失感が家族の大切さを感じさせます。

主な登場人物

秀樹(主人公)

浪人生で苦学生。ゴミ捨て場でPCを拾い自宅に持ち帰り『ちぃ』と名づける。

ちぃ(ヒロイン)

秀樹に拾われたPC。人と区別がつかない容姿をしている。データが抹消され元の家族が分からない。

新保

秀樹の友人。PCや家族の在りかたについて秀樹によく問いかけをする。

清水先生

予備校の先生で既婚者。結婚して間もなく夫がPCに夢中になり、そのままPCを愛してしまった。そして、夫に締め出され夫婦関係は断絶している。

このように家族の在りかたの考えさせるような登場人物が多くのキーワードを投げかけ、物語を繰り広げてくれます。家族の絆を考える良いきっかけになるのではないでしょうか。

おわりに

ご紹介しました『ちょびっツ』は、比較的新しい世代のマンガです。
ちょびっツ 1 (ヤングマガジンコミックス)
書店でもまだ手に入るので、一度ご覧あれ!

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る