\ フォローしてね /

雨の日の結婚式でも快適に参列する方法

ジューンブライドの季節がやってきます。

6月に結婚した花嫁は幸せになれるというジューンブライドですが、これはもともと西洋の言い伝えです。ヨーロッパと異なり、日本の6月は梅雨の季節。雨が多く湿気も強いです。

ここでは、雨の日の結婚式でも快適に参列する方法を紹介します。

まずは2つの確認事項

結婚式当日が雨だという天気予報がでた場合、以下の2点を確認しましょう。

1:式場には着替え室あり?なし?

式場にはゲスト用の着替え室やメイクルームがあるか確認しましょう。

2:移動方法は電車?車?

式場までの移動方法、また、二次会会場への移動方法は考えておきましょう。

着替え室がない+移動が電車の場合

雨の日で、式場にゲスト用の着替え室やメイクルームがなく、移動が電車(徒歩)の場合が、もっとも雨対策が必要です。このとき大切な事は4点あります。

1:靴は式場についてから履き替える

靴はどうしても雨に濡れてしまいます。濡れても良い靴を履いて行き、会場で履き替えるのが良いでしょう。

2:防水スプレー、レインコートを駆使する

傘だけでは雨を防ぎ切れない場合があります。大事なドレスやスーツを汚さないためにも防水スプレーやレインコートを利用しましょう。雨の日の結婚式の服装は特に注意が必要です。

3:髪の毛はまとめたスタイルに

湿気で広がったり、ベタベタしたりという不快さをなくすためにも、ヘアーはアップスタイルにするのがおすすめです。

4:タオルを持っていく

会場で用意されている場合もありますが、大きめのハンカチタオルを持っていると非常に便利です。

雨が強く降っている場合

雨が強く降っている場合、傘だけでは不十分です。防水スプレーやカッパを利用することをおすすめします。

着物の場合はレインコート、ドレスやスーツであればカッパを利用しましょう。着ていれば、傘で覆いきれない時でも安心です。

防水スプレーの使い方

防水スプレーは「皮革用」「衣類・布用」など、種類がいろいろあります。用途によって使い分けましょう。

STEP1:汚れを落とす

汚れを一緒に固めてしまわないよう、まず汚れを落とします。

STEP2:防水スプレーを20~30cm離して全体にスプレーする

対象全体が均一に湿るくらいに防水スプレーをかけます。

STEP3:乾かす

商品によって乾く時間は異なります。防水スプレーは乾いてから効果がでますのでしっかりと乾かしましょう。

雨の日ならではの注意点

早めに到着しよう

当日が雨だった場合、電車の遅延や交通渋滞が考えられます。早めに到着するように心がけて行動しましょう。

引出物は宅急便で送ってしまおう

帰路も雨だった場合、引出物が濡れてしまう可能性や、かさばる恐れがあります。送ってしまうのがおすすめです。

実は雨が降る結婚式は縁起が良い

「雨降って地固まる」また「雨が降る」が転じて「振り込む」になり「幸せが振り込んでくる」という意味になり、縁起が良いとも言われています。

6月はジューンブライドのため、結婚式が多く行わますが、日本では梅雨の時期と重なります。しっかりと事前準備をして、快適な参列ができるようにしましょう!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。