生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. とにかくシンプルに!続かない人の家計簿のつけ方

とにかくシンプルに!続かない人の家計簿のつけ方

2012年05月18日作成

 views

家計簿ってなかなか続きませんよね。なんどかやってみたけど、毎回すぐ投げ出してしまう人も多いんじゃないでしょうか。ちょっとでも面倒くさいと思ってしまうと続かなくなってしまうのがやっかいですよね。

しかし家計簿をつけているとやはり無駄な支出が抑えらるのも事実です。ぜひつけられるようになっておきましょう。

このレシピではとりあえず家計簿をつけることを目標にしています。

ポイント

重要なのはずばり、極力「シンプル」にということです。細かいジャンル分けなどは失敗のもとです。

筆者の場合は、紙のノートを家計簿の記録に使用しています。最近ではスマートフォン用の高機能なアプリなどもありますので、もちろんそれでもかまいません。ただし重要なのは「シンプルに」です。

家計簿のつけ方

基本的に月ごとにまとめ、一日の終わりにつけるようにします。一日ごとが難しいようであれば、何日かまとめてつけてもかまいません。

STEP1

買い物ではレシートをもらうようにします。レシートのでない出費はどこかにメモしておくか、もうあきらめて忘れるのどちらかにしましょう。もしくは大雑把にだいたいの覚えている値段をメモしておくのもいいでしょう。

よほど大きな出費でない限りたいした差はでません。完璧をめざすのも失敗のもとです。

STEP2

レシート、記憶をもとに「スーパー 1036」、「コンビニ 148」、「飲み会 5000」など大きなくくり値段だけを家計簿ノート、もしくはアプリに入力します。

細かい内訳はいりません。日付の記載は自由です。

STEP3

月の終わりに合計を計算します。

おわりに

要するに、最初は財布からの直接的な合計支出がいくらくらいなのかだけわかればいいのです。家計簿をつけるのに慣れてきたら、項目を増やしていけばいいでしょう。

(Photo by 足成 http://www.ashinari.com/2009/08/12-026200.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120518002138 4fb51782e96a0

本記事は、2012年05月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る