生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クリスマスを愛を深めるチャンスに変えるプレゼントの選び方

クリスマスを愛を深めるチャンスに変えるプレゼントの選び方

2012年05月18日作成

 views

はじめに

忘年会からクリスマス、さらに年が明けて正月にお年玉…。多くの企業が商戦に躍起になる時期ですが、一般ピープルの懐具合が寂しくなるのもこの時期。

正月デートの楽しみを残しておくためにも、クリスマスはプレゼントの予算を少し浮かせてみませんか?もちろん、ありがたがられるものを選ぶのは当然のこと。

かくいう筆者も、お金のない時期に彼女に渡すクリスマスプレゼントにあれこれと思いを巡らせたものです。高価なものを買ってあげられれば、きっとよろこんでもらえる。でもそんなお金はない…。そんなジレンマに悩まされたからこそ生まれたアイデアをこっそりお教えします。

プレゼントは気持ちの表現手段!

【第一の観点】プレゼントの方向性

まずはいかにクオリティーを保ちつつ、費用のかからないプレゼントをするかがポイントです。

「高価なプレゼント=喜ばれるもの」は間違いです!こんな考え方はバブルの終焉を境に古い考えになりました。特に不況の影響で現在の女性は割と堅実な生き方に共感する傾向が強いです。3高にかわり、今、女性が理想としている「3低」をご存じでしょうか?

「低リスク」「低依存」「低姿勢」をキーワードに、プレゼントを選ぶときもこの「3低」を意識してみましょう。

  • 低リスク:堅実な生活を夢見る女性たちを不安にならせないためにもドカンと高価な買い物をしない。
  • 低依存:草食性男子を気取るあなたを好いているなら、ペアルックは押しつけがましいかも…。
  • 低姿勢:プレゼントの内容は、愛する女性に結婚後の自分の姿勢を見せる”チャンス”だと心得て。

【第二の観点】愛を深めプレゼントに付加価値を与える工夫

統計学的にどうかは未確認ですが、日本のクリスマスイブには多くのカップルが性交渉を持つと聞きます。これは下世話な話ではありません。セックスはごまかしのきかない愛情表現だと心得ましょう。自分の相手に対する愛情を示すチャンスなのです。

オススメするのが性的興奮を高めるといわれる”赤”い色を配したシチュエーション。赤い花、赤ワインなどでムードを演出すればプレゼントの効果は10倍にも20倍にもなるでしょう!

【第三の観点】女性の特性にマッチング

例外もありますが、女性には冷え性の方が多くみられます。しかもクリスマスといえば季節は冬の真っ盛り。何かそれを解消させてあげられるようなものを選べば、喜ばれるだけではなく、「よく気づく人だなあ」という評価にも繋がります。

さいごに。

筆者の場合は、電子レンジで温められる湯たんぽのようなぬいぐるみをプレゼントして大変感謝されました。

とはいえ、やはり毎年同じプレゼントというのはNGです!せっかくのクリスマスというチャンスをみすみすのがし、退屈な日にしてしまうのは怠慢!あれこれと趣向を凝らせば貴方自身も楽しいはずです。そして、今年は何をくれるのかな…と思わせたらこちらのもの。

次のクリスマスが楽しみで、別れられなくなることうけあいですね!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120517005451 4fb3cdcb1440f

本記事は、2012年05月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る