生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動で落ち込んだ時の考え方

就職活動で落ち込んだ時の考え方

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職活動が上手くいかないとネガティブになっちゃいますよね。でも焦りや気分の落ち込みがブラスになるとは思えません。

就職活動が上手くいかなくて落ち込んだときの考え方についていくつか紹介します。

気分転換

お金がかからない、自分の好きなことをして気分転換をしましょう。ここでお金をかけてしまうと、お金に対して焦る気持ちが強くなってしまうので逆効果です。

公園など自然に親しめる場所に行ってみたり、音楽を聴いたり、テレビを見たり、本を読んだり。自分がリラックスできる事をして、ガチガチになっている心を緩めてあげましょう。

心身ともに健康であることは就職する上で重要な要素です。健康を壊さないようにすることは甘えではありませんから、あまり自分を追い込まないようにしましょう。


現状分析

冷静に考える余裕が出てきたら、いまの自分を冷静に分析してみましょう。むやみに動いても結果に結びつきにくいです。

お金

どのくらいのお金を稼がなければいけないのか、どのくらい必要なのか、冷静に考えてみましょう。

お金を稼がなきゃいけない、という、お金に対する焦りがマイナスに働いているかもしれません。

親など頼れる人

甘えられる状況があるなら、いっそ甘えてしまうのも手です。甘えながら、今自分がお返しとして出来ることをしましょう。

就職活動に没頭して、実家にいるのに家事や身の回りのことまで親に任せきりにするのは社会人としてどうでしょうか?焦りで自分を追い込んでキリキリするより、いま出来ることを出来る範囲でやる中で、見えてくるものもあると思います。

職種の将来性

会社は学校とは違います。潰れもするし、経営者の都合でたたんだりすることもある場所です。定年まであるとは限らないし、社会情勢や経営者によって変化していくものでもあります。

職種に対する見かたを変えてみるのも良いかもしれません。

失敗した理由

自分で分かる範囲で構いません。失敗した理由と思われる事をならべていきます。その中に、改善していくヒントが見つかるかもしれません。

前向きな方針

上手くいかなかった理由が、資格がないとか勉強不足なのであれば、勉強すればいいだけです。

筆記はよかったけど面接で落ちた場合などは、ビジネスマナーを身につける必要があるかもしれません。やるべきことが見えたら、やるべきことをしましょう。結果を焦ってはいけません。

おわりに

新卒での就職は、確かに有利かもしれません。でも長い人生、それだけで順調な社会人生活が送れるとは限りません。

不況の時に当たったから運が悪かった、だからこの先も永遠にダメ、なんて考える必要はないんです。苦労を少し早く、みんなで味わっているだけですよ。

これから先も色んな困難が当然あると思いますので、困難に立ち向かう練習だと思って冷静に頑張りましょう。

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る