生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夏バテ解消にもぴったり!「変化鍋」の作り方

夏バテ解消にもぴったり!「変化鍋」の作り方

2012年08月21日更新

 views

お気に入り

はじめに

夏の連日の猛暑が続くと、食欲もなくなり、栄養が偏りがちになりますよね。その結果、夏バテになってしまって体調不良…なんてことも。

そんな暑い夏にもオススメの、変化鍋をご紹介します。夏に鍋…としがちですが味の変化が楽しめるので野菜もたくさん食べられるのでオススメです。

用意するもの

  • 白菜等各種野菜(人数分で変化しますのでお好きな量を)
  • 昆布ダシ、または顆粒ダシの素
  • 味噌(地域や好みででもでも可)
  • キムチ(大体4人分で300g程度)
  • しゃぶしゃぶ用牛肉
  • 鳥つみれ(鳥団子)
  • 豚バラ肉
  • ポン酢
  • すりゴマとごま油
  • インスタントラーメン(袋のモノ)

具体的な作り方

STEP1

まずは土鍋に水とダシをいれて沸騰させます。野菜も入れてしゃぶしゃぶの要領で牛肉と野菜を食べます。やはりポン酢で食べるのが合いますよ。

食べ終わったらまずはアクをとります。

ここであまり食べ過ぎないように軽く食べましょう。

STEP2

次は野菜を追加して味噌を溶きます。味噌には鳥肉がよく合います。特に鳥のつくね(鳥団子)がダシが出やすく煮えやすいのですぐに食べられますよ。

白菜等も美味しいですがネギが味噌と鶏肉にはよく合います。たっぷり入れてあげましょう。付ダレはいりません。味噌ベースの汁で食べましょう。

STEP3

今まで牛と鳥の旨味が凝縮されたベースにキムチを入れます。キムチに合う白菜やネギの野菜も入れましょう。そして豚バラ肉も一緒に入れてください。

すりゴマをたっぷり入れてごま油を香り付けに少々入れ、ヒト煮立ちさせたら食べましょう。キムチが豚の臭みを消して最高に美味しいです。

STEP4

〆はご飯で雑炊も美味しいですが、袋のインスタントラーメンを入れて30秒!すぐに食べられます。この野菜や肉のダシがきいたキムチラーメンがまた絶品です。

おわりに

味が単調で飽きやすい鍋ですが変化を付ける事によって飽きずに野菜もお肉も沢山食べられるのが特徴です。

また、しゃぶしゃぶ→麺ツユ鍋→和風カレー鍋→カレーうどんという変化鍋もまた美味しいですよ!ぜひお試しください。

本記事は、2012年08月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る