\ フォローしてね /

手間いらず!窓の効率的な拭き方

窓を拭いたあと、雑巾を洗うのが面倒くさいと思っている人、多くありませんか?

窓は、指紋もすぐつくし、こまめに拭かなければいけません。しかし、外の面は汚れがひどく、雑巾で吹くと真っ黒になる場合があります。そんな雑巾を洗うことが何より面倒くさいですよね。

そこでもっと簡単に窓を拭く方法を紹介します。

もっとも後の手間がないやり方

新聞紙で拭く

新聞紙を水で濡らして、軽く絞りましょう。それを使って窓を拭けば、とても綺麗になります。

濡れた新聞紙で拭いたあと、乾いた新聞紙でから拭きするとより効果的です。

拭き終わったら捨てるだけ

これなら、窓ふきへの大きなストレスが軽減されますね!

新聞紙のインクが汚れを吸着してくれます

窓ふきに適した時期

窓ふきは、曇りの日にすると湿度があって汚れがよく落ちます。晴れた日だと拭いたあとが残りやすいので注意が必要です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。