生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 片付けられない症候群を脱する3つのコツ

片付けられない症候群を脱する3つのコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

片付けられない症候群を脱する3つのコツ

片付けたくてもどこから手を付けていいのかわからない…。

片付けなきゃと思っていても、なかなかやる気が出ない…。

そんなあなたでも、とりあえずこれだけやればなんとかなる。

コツ1:まずは15分だけ動いてみる

15分だけでオッケー。やる気が出なくても、とりあえず15分だけと思えば意外と重い腰は上がるのです。

15分で、脱ぎ散らかした服を洗濯カゴに、使った食器を流し台に、床に落ちたゴミをゴミ箱に。これだけで驚くほど片付きます。

よっこらしょと重かった腰も、動き始めると気分がノッてくることもよくあることで、その時はしめたもの。あと15分延長しましょう。

コツ2:物の置き場を決める

15分の片付けに慣れてきたら次は、物をしまう定位置を作りましょう。でも、収納家具など買う必要はありません。

部屋を見回し無駄な空間を見つけ、ナチュラルなカゴや見た目の可愛い箱を置き、それを収納に使います。

「パソコン周りのごちゃごちゃ入れ」「趣味の道具」「いろんなリモコン」など自分なりの分類で、カゴや箱にポイポイ入れる程度でOK。

冷蔵庫の上ソファの下など、埃の気になるところでは、カゴや箱の上に使わなくなったランチョンマットなどの布を一枚かけるだけで中の物もきれいが保てます。

玄関にはフックを付け、可愛いカゴバックを掛けるとそれも収納に。玄関で使うもの、お出かけのときにもって出るものなどをそれに入れるととっても便利で、見た目もインテリアとしてかわいいです。

ポイントは見た目が可愛いこと。収納とインテリアと兼ね備えれば、収納家具と違って部屋も狭くならないし、手の届く範囲に収納場所が作れ片付けも楽ちんに。

コツ3:買う前に置き場を考える

買い物に行き、欲しい物に出会ってしまった。まずは買う前にしまう場所を考えましょう。

洋服だったらクローゼットにまだしまえるか。もう入りきれないようだったら、着ないあの服を処分しよう。

インテリア雑貨だったらどこに置こう。あの棚に置きたいので、今飾ってある雑貨は「趣味のカゴ」にしまっておこう。

キッチン用品、いつもの場所でしまえる場所があったかな?

そうやって考えることで、無駄な買い物も防げ、行き場のない物達が部屋にあふれることもありません。部屋が散らからず、節約も出来、一石二鳥です。

おわりに

実は筆者も長年片付けられない症候群で、足の踏み場も無い部屋で生活していました。しかし今は上記の方法で症候群を脱しました。

とりあえず、「15分だけ、片付けよう」と動くことがすべての始まり。15分片付けが習慣付けば、スッキリ片付いたお部屋がキープできます。

(image by amanaimages 1 2 3)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100817005333
  • 5a3fcce6 6b91 482c bf1b e83c3ad92be5
  • 7a91eabd 23ea 4224 aa2e 387fecf3ad43
  • 527782db 7cea 46f2 b96d f7e431886702

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る