生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 高齢者の熱中症対策

高齢者の熱中症対策

2012年08月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

高齢者で、熱中症にかかる人も多いようです。今回は、そんな高齢者のための熱中症対策をご紹介します。

ご家族の方も一緒に出来る対策をして、注意を促してあげて下さいね。

熱中症の半数が室内で発生しています

高齢者は体温の調整機能が低下しており、家の中でもあっても、蒸し暑い室内は危険度が高くなります。

こまめに水やお茶を飲みましょう

のどが渇いていなくても、こまめに水やお茶を飲みましょう。具体的には、朝起きてから寝るまで、2時間~2時間半に1回ずつ、コップ一杯の水を飲むようにしてください。

あまり多く飲めない場合には、少しずつでもかまいません。いつでも飲めるように、すぐ手の届くところにペットボトルに入れた水を置いておきましょう。

暑いと思わなくても、エアコンや扇風機を使いましょう

冷房が好きでないお年よりも多いですが、エアコン・扇風機・除湿機などを組み合わせて、効果的に、部屋を冷やしましょう。

畑仕事をするときは、特に注意が必要です

畑仕事は、あまり動かない作業でも注意が必要です。涼しい時間帯に、帽子をかぶって、休みをとりながら行いましょう。その際には、必ず水筒を手元に置いておきましょう。

また、必ず色が薄めの涼しい服装を心がけてください。

おわりに

高齢者の場合、軽い症状でもすぐに重症化する可能性があります。周りの人たちが気にかけて、声をかけてあげるようにしましょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100817012436

本記事は、2012年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る