生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ある文具を使って、イライラを上手に吐き出す方法

ある文具を使って、イライラを上手に吐き出す方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

仕事やプライベートで、イライラすることは誰にでもあること。うまく吐き出して、早く忘れてしまうのが一番です。

ここでは、どこにでもある文具を使って、イライラを上手に吐き出す方法をご紹介します。

用意するもの

  • 紙(メモ帳、手帳などなんでもOK)
  • 筆記用具
  • かわいいシール(動物、人、キャラクターなどのものがおすすめ)

やり方

STEP1 紙にシールを貼る

用意した紙に、シールを貼ります。カラーペンなどがあれば、シールの周りにお花やハートを描いて、かわいくデコレーションしてください。

STEP2 シールの横に、大きくフキダシを書く

これは黒のペンでも問題ありません。シールがしゃべっているように見える形で、フキダシを書いてください。

STEP3 イライラしていることを書く

フキダシの中に、イライラしていることへの心の叫びを書きましょう。

他人に見せるものではないので、どんなことを、どんな書き方で書いてもOKですが、自分が口に出して言うような言葉で書くとよいでしょう。

★書き方の例

  • 「部長、ふざけるなよ!バーカ!」
  • 「自分だけいい顔しやがって」
  • 「メールの返事をよこさないなんて、○○君サイテー!」

STEP4 紙を見てみましょう

かわいらしい動物やキャラクターが、まったく似合わない暴言を吐いていますね。そのギャップがシュールで、思わず笑ってしまうはずです。

また、気持ちを紙に書き出すことで、イライラが治まっていると思います。イライラが治まっていたら、成功です!

おわりに

最近はTwitterやブログなど、文字を入力できるメディアがいくつもあります。

これらは大変便利ですが、マイナスの感情に関わることは、キーボードを打って書き残すより、手書きのほうが発散しやすいように思います。

ぜひこの方法で、日々のイライラを上手に発散させてくださいね。

イライラが発散できたら、暴言を吐いた紙は捨ててしまいましょう。
名前などが入っていると危険です。

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る