生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引っ越しの荷造りが早くなる方法

引っ越しの荷造りが早くなる方法

2012年08月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

入社や入学、人事異動による新天地への赴任など…人生の転機に住まいの引っ越しはつきものです。

これから引越しを控えている方や引越し準備をすすめている方、知人のお手伝いなどをする方に向けて、荷造りのポイントとコツを紹介します!

用意するもの

  • ダンボール
  • 新聞紙
  • ガムテープ、はさみやマジックなどの文具

ダンボールは事前に引越し業者の方からダンボールを無料で提供してもらえることがあります。普通に買うとお金もかかるので、もらっておいたほうが断然お得です!1Rの1人暮らしで10枚程度、2DKの2人暮らしで15枚程度が目安です。

ダンボールにあまり引越し費用を割かないほうがいいです。

やり方

STEP1 奥の部屋から、その部屋の奥から

まず何から手をつけるかというと、部屋の奥にあるものをまとめることです。

ポイントは「奥の部屋から、その部屋の奥から」。まずは押入れにしまっていた家電(冬なら扇風機、夏ならこたつ)や、シーズンオフの衣類などをまとめていきます。

普段使わないものから、種類別にダンボールに詰めていきましょう。無理に詰めすぎず、多少隙間が出来たら丸めた新聞紙を入れて強度をあげておきます。これにより、ダンボールを積み上げた際に壊れにくくなります。

STEP2 ダンボールには中身をメモしておく

取り出す際に非常に役に立つポイントですが、ダンボールに中身をきちんと書いておくこときましょう。衣類なら「衣類」、本なら「書籍 父用」など。割れ物は割れ物と書けば、引越業者の方も安心して運べます。

種類別にまとめておけば、このメモもシンプルに済ませて良いですが、たとえばいくつかの種類の荷物をごちゃ混ぜにしてしまった場合は、きちんと全て書いておくことが大事です。詰めた際に書いておくことで、引越後にありがちな紛失を防止することに。

先にすべてのダンボールにメモを書いてしまう方法もあります。この場合、ある程度荷物のボリュームを予想する必要はありますが、詰める時にどのダンボールに入れたら良いかわかるので、荷造りの効率がぐっとあがります。

STEP3 日常必需品は分けておく

タオルや着替え、歯ブラシなど引越の直前直後にも頻繁に使用するものなどです。こちらはあらかじめ別のところに分けておいて、最後にまとめてしまうのが良いでしょう。

ひとつのダンボールに詰めることになりますが、量がそれほど多くない場合はビニール袋などにまとめてから、ダンボールに収納するというのもコツです。

STEP4 ダンボールの置き場

生活の導線上には置かず、部屋の奥などに詰めていきます。大きめのダンボールなら2段ずつ積んでいき、書籍など重いものは下段にするようにしましょう。

引越業者の方は2段まとめて運ぶことが多いので、下段のダンボールの下部をガムテープで強めに補強すると良いです。スムーズに運べることを念頭に。

おわりに

引越しの際は、自分が持っている荷物の分だけ労力が発生します。たしかに大変ですが、何度も経験していくうちに自分なりの引越しのコツや手順がつかめていくはずです。

引越し上手になることで、引越し後の生活もスムーズになります。ぜひ引越し上手になって楽しい新生活を送りましょう!

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100816234708

本記事は、2012年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る