生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 引越しの荷造りをする時のポイント

引越しの荷造りをする時のポイント

2012年08月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

引越しの日程は決めたが、全然引越し準備や梱包が進まない・・・。引越し後に、どこに何を入れたか分からない・・・。そんな経験はありませんか。

今日は、上手な荷造りのコツについて、ご紹介します。

準備するもの

準備するもの

  • ダンボール
  • 新聞紙
  • ガムテープ
  • プチプチ
  • セロテープ
  • マジック
  • 荷造り用のの紐

ダンボールは、引越し業者からサービスでもらえることが多いです。プチプチはあると便利ですが、ないときは新聞紙を多めに準備します。

もらったり100円ショップで購入したりして、引越し費用を節約するといいでしょう。

実際に荷物を入れていく際のポイント

1回に持てる量を考える

荷物を持ってくれるのは業者の人ですが、気を使いたいところです。重いものは小さいダンボールに入れて、軽いものはまとめて大きいダンボール箱に入れましょう。

重いダンボールは、ガムテープの上から、荷造り用の紐でもう一結びしましょう。

使わないものから順番に

普段あまり使わない物から順番に詰めていきましょう。タオルや洗面用具など当日まで使うものは、一番最後に詰めましょう。

ダンボールに何が入っているか、どこにあったかを書く

ダンボールに、もともと何が入っているか、どこにあった物を入れたのか、書いておきましょう。食器などは大きく書いて、隣に取り扱い注意と書いておくと、丁寧に運んでもらえます。

ダンボールにこれらを書いておくと、荷物を開ける時、とても便利です。

おわりに

荷造りはかなり時間がかかるので、早めに始めておいて、損はありません。

荷造りを始める前に、引っ越し業者に何を荷造りしないといけないか、確認しておくと、当日の引越し作業の手順を進めやすくなります。

本記事は、2012年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る