生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 熱中症になったときの対処法

熱中症になったときの対処法

2012年08月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

夏は日差しが強く、熱中症になる危険性が高まります。もちろん、外だけではなく、部屋にいても熱中症になることがあります。

今回は、熱中症になったときの応急処置について、紹介します。

休んで、冷やして

応急措置は、「少しでも早く」が基本になります。

涼しいところへ連れて行く

直接日差しが当たらない日陰に移動します。家の中にいるときは、クーラーが効いている部屋に移動します。

服をゆるめて、あおぐ

服をゆるめて、寝かせます。そして、うちわなどであおぎます。

体を冷やす為に、ぬらしたタオルなどで体を拭きます。特に、首や脇の下や足の付け根(太い血管が通っている所)を氷水などで冷やします。保冷剤も効果的です。外で何もないところでは、近くの自動販売機で缶ジュースを買って、冷やしましょう。

水分補給

スポーツドリンクなどで水分補給をします。このときは、少しずつゆっくりでかまいません。スポーツドリンクがないときは、薄い塩水を飲ませてください。

重症だったら・・・

意識がないときや、話しかけても、返事があまりにゆっくりだったり、何を言っているか分からないときは、重症です。すぐに、病院に連れて行きましょう。その時は、体を冷やしながら、車に乗せてください。

おわりに

症状が軽くても、念のために、少し落ち着いたら、病院に行くのをおすすめします。

熱中症になる前の予防も大切です。皆さん気をつけてくださいね。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120820162142 5031e586b4d8d

本記事は、2012年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る