生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 結婚式は仕事がたくさん!ゲストの助けが必要な仕事まとめ

結婚式は仕事がたくさん!ゲストの助けが必要な仕事まとめ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

挙式・披露宴で、ゲストにお願いしたい仕事を紹介します。

『お願いしたいけど/お願されたけど、何をしたらいいの?』そんな方のために、以下のポイントを紹介します。

ゲストにお願いしたい仕事

ゲストにお願いする仕事には、どのような種類があるのか見ていきましょう。

受付

新婦側の友人にお願いするのが一般的のようです。既婚・未婚は問いません。大事なゲストをお迎えする受付ですので、笑顔の素敵な方が良いでしょう。

ご祝儀などを預かりますので、新郎側の友人、新婦側の友人と分担してもよいでしょう。いずれにしても信頼のおける方2~3名にお願いしましょう。

写真・ビデオ係

カメラやビデオなどの機材の扱いになれた方にお願いしましょう。2人の思い出を記録してくれる係りです。式の間中、いろいろ動き回ってもらうので、ゲストの方ではなく、プロに一括して依頼するという選択肢もあります。

スピーチなど

スピーチや余興など、事前にお願いしているはずです。これを担当してくれるゲストの方には、そのほかの係をお願いしないようにしましょう。

司会

まれに、ゲストで招待している友人にお願いする場合もあります。プロの司会者にお願することが多いようです。

二次会の幹事など

挙式・披露宴が終わり、新郎・新婦がリラックスして参加できるように、会を取り仕切ることのできる、信頼のおけるゲストにお願しましょう。事前の準備が必要です。

配車・アテンド

配車やアテンド(新婦の身の回りの世話をしてくれるスタッフのこと)については、ほとんどの場合は会場のスタッフの方が対応してくれますが、レストランウェディングのような手作りの式の場合は準備が必要になります。具体的な内容は、会場と相談して決めましょう。

受付やカメラ・ビデオ係、司会などをお願いしたゲストには、何らかの形で謝礼を渡すと良いでしょう。親しき仲にも礼儀あり、です。

おわりに

お手伝いしてくれる友人も、2人の大事なゲストです。決して無理強いはせず、「失敗も演出のうち」と、笑えるくらいの気持ちでお願いしましょう。

手伝ってくれるゲストも、2人を祝福したい気持ちでいっぱいです。きっと、素晴らしい式にしてくれることでしょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140610134820 53968e14a0cd3

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る