生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 部屋に泊めて、と言われたときの上手な断り方

部屋に泊めて、と言われたときの上手な断り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎日暑いので、ビールを飲む機会も多いのではないでしょうか。

ちょっと飲みすぎたときに、一人暮らしのあなたが、それほど仲良くない人に「家に泊めてほしい」と言われたら、どうしますか?

ちょっと断りづらいですよね。

今回は、そんなときの上手な断り方をご紹介します。

断り方1「親・彼(彼女)・友達が泊まりに来ているから・・・」

最も妥当な断り方です。相手もそれ以上は何も言えなくなります。ただ、同じ人に、使えるのは、2、3回まででしょうか。

断り方2「部屋がちらかってて・・・」

これも妥当な断り方ですが、必ず、「汚くてもいいから」と言う人がいます。

そのときには、「昨日、友達が来てて、そのまま帰って、掃除していないので、本当に足の踏み場もない」ぐらいのことを言って、乗り切りましょう。

断り方3「家に人を泊めるのが嫌いで・・・」

以前に友達を泊めたときに、嫌なことがあって、それから断るようにしていると伝えましょう。

  • 友達のいびきがひどくて、眠れなくて・・・
  • 友達が騒いで、大家さんにきつく怒られて・・・
  • 友達に自分の物を使われて、すごく嫌だった・・・

など、以前に他の友達を泊めたときに嫌なことがあっただけで、決して、今お願いされているその人が嫌いなわけじゃない、と思わせるようにしましょう。これだと、今後お願いされることもないと思います。

おわりに

断るって、本当に大変なことですが、次の日に、朝早く起きないといけなったり、すごく疲れている日だったり、まず自分のことを一番に考えないといけないときは、はっきり言ったほうがいいと思います。

笑顔で、ごめんね、と言えば、そんなに深刻にも聞こえませんよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100816024503
  • 20100816024527

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る