生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「できる上司」になるための簡単な行動

「できる上司」になるための簡単な行動

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

できる上司になるための簡単な行動

部下から「教えてください」と言われるまで教えない

部下は、知りたくないことを教わりたくない。知りたいことは、知りたいタイミングで教えてほしい。

だから、そのタイミングがくるまでは何も教えない。そのタイミングまでは教えても効果がない。

部下の話を途中でさえぎらないで最後まで聞く

話をさえぎる行為は部下を拒絶する行為。

拒絶をしなければ信頼関係が構築される。

部下と上司の間で信頼関係ができていれば、上司が指示を出さなくても、部下は自らアイディアをもって仕事に取り組むようになる。部下を受け入れる話の聞き方が必要。

部下に仕事を依頼するときに「何かわからない点はありますか?」と一言添える

くどい説明をしてほしくない部下は「いえ、大丈夫です。問題ないです。」と言うし、丸投げされたくないと思っている部下は「この点は、どのようにしたらわからないのですが…?」と聞いてくる。

すなわち、必要なだけの最適な量の指示を出すことができる。

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20090922142735

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る