生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 【写真の撮り方の基礎知識】写真が写る仕組みを知りたい

【写真の撮り方の基礎知識】写真が写る仕組みを知りたい

2012年04月04日作成

 views

自分のイメージ通りに写真を撮るために知っておきたいのが、絞りシャッタースピードです。

写る仕組みを学ぼうとして妥協するのもこれら知識がわかりづらいことが大きいかもしれません。

しかし、ここを理解できれば、他はすべて応用です。

目次

写真を撮るための基本

写真を撮るうえでの基本は、目の前の風景を見ている通り忠実に写すことです。

「絞り」と「シャッタースピード」から言えば、その二つを組み合わせて光の情報を正確に取り入れ、記録するということになります。

その光を記録する作業そのものを露出と言い、それが見ている通り忠実に再現できていれば適正な露出で撮影できたことになります。

これがよく言われる適正露出という状態です。適正露出で撮られた写真は、光を正確に記録できた証拠と言うこともできます。

絞りとシャッタースピードから考える露出

絞りとシャッタースピードの基礎知識

適正な露出で撮影を行うために、絞りシャッタースピードの関係性をわかりやすく解説します。

  • 絞り

絞りとは簡単に言ってしまえば光を通す穴のことです。それを大きくしたり小さくしたりすることで取り入れる光量を調整します。

  • シャッタースピード

そして、光量を取り入れるために穴を開いていた時間シャッタースピードです。

絞りで穴の大きさで、一度に取り入れる光の量を調整し、シャッタースピードでその穴を開く長さを調整し、カメラに取り込む光量を決定しているわけです。

絞りの穴の開き具合を示す値

絞りの穴の開き具合で一度に取り込む光量が変化することは既に述べましたが、注意すべきは、その仕組みについてです。

絞りの数値が大きくなるほど穴は小さくなります。逆に、数値が小さくなるほど、穴は大きくなります。
  • 絞りはF値で表す

絞りを調整するのがカメラについているF値です。この数字が大きくなるにつれて絞りの穴が小さくなっていきます。

つまり、この数値が大きい方が穴が小さく、光を取り入れるのに時間がかかるわけです。

F値は、シンプルな数字ではなく、F1.4、F2、F2.8、F4ーーという非常に覚えづらい数値になっています。

  • 絞り具合の表現

絞りの数値を大きくする(穴を小さくする)ことを絞る、数値を小さくする(穴を大きくする)ことを開けると表現します。

そして、一番小さな数値(一番穴が大きな状態)を開放値と呼び、穴を最大に開くことを開放すると言います。

「絞り」の「開放値」は、使うレンズによって違いますから、レンズ選びにも注意が必要になります。不安な方は購入する際にお店の人に聞いてみましょう。
「絞り」には被写界深度もかかわってくるので、合わせて理解しておくとよいでしょう。

シャッタースピードを示す値

シャッタースピードとは、シャッター(幕)が上がり、「絞り」の穴から光を取り入れ、その幕(もしくは他の幕)が閉じて光を取り入れる作業が完了するまでの速度のことです。

下のように数値は変わっていきますが、左にいけばいくほど、シャッタースピードは速くなります。

シャッタースピードの例:1秒、1/2秒、1/4秒・・・・・・1/125秒など
動いているものを撮影する際には「シャッタースピード」を速くする必要も出てくるので、ISO感度も合わせて理解しておきましょう。

露出オーバーと露出アンダー

忠実に写真を表現するために絞りとシャッタースピードを調整することを適正露出と言いますが、では、これがズレていると写真にどういう影響を与えるのでしょうか。

取り入れる光量が多すぎたり少なすぎたりするとどうなるかということです。

光を多く取り入れた写真は、明るくなります。

そして与え続ければ、最後は真っ白になります。光量が多すぎるこの状態を露出オーバーと言います。

逆に、光量が少なすぎると、写真は暗くなります。

光を一切与えなかった写真は、当然真っ黒です。光量の足りないこの状態を露出アンダーと言います。

「露出オーバー」や「露出アンダー」を防ぐために「露出補正」という機能もありますので、あわせて理解しておくとよいでしょう。

おわりに

「適正露出」に始まり「露出オーバー」や「露出アンダー」までを簡単に説明しましたが、最終的な目的は自分のイメージする写真を撮れるようになることです。

意図的に明るめに撮ったり、暗めに撮ったりすることができれば、写真を撮る行為がより楽しくなるので、ぜひ実際に撮りながら試してみてください。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120404133332 4f7bcf1c61832

本記事は、2012年04月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る