生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. スーツを自宅で洗濯する方法

スーツを自宅で洗濯する方法

2012年03月28日作成

 views

スーツを自宅で洗濯する方法をご紹介します。

用意するもの

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 歯ブラシ
  • 洗濯ネット
  • 厚手のハンガー
  • ピンチハンガー
  • バスタオル
  • タオル
  • アイロン

やり方

STEP1

洗濯機マークまたは手洗いマークがついているか絵表示を見て、洗濯できる素材かどうかを確認します。

ウォッシャブルスーツなら洗濯できます。

STEP2

シミ、汚れがないかチェックします。汚れやすいパンツの裾やジャケットの袖口は特に念入りにチェックしましょう。

シミや汚れがあれば、おしゃれ着用中性洗剤の原液をつけた歯ブラシで叩きます。このとき、生地をこすらないように注意してください。

STEP3

型崩れを防ぐため、パンツのファスナーやフック、ボタンは閉じておきます。上着のボタンは閉じないで、形を整えてからたたみます。

袖口やパンツの裾など、汚れが気になる部分が表に出るように折りたたみ、ジャケットとパンツは別々に洗濯ネットに入れます。

STEP4

おしゃれ着用中性洗剤を入れ、洗濯機の手洗いコースで洗います。

STEP5

脱水後、すぐに洗濯機から取り出し、手の平で軽く叩いてシワを伸ばします。

STEP6

ジャケットは厚手のハンガーに干し、両手の平で上から下になでるようにしてシワを伸ばし、形を整えます。厚手のハンガーがないときは、ハンガーにタオルなどを巻きつけ、肩や襟の形が崩れないようにします。

パンツは、ウエスト部分を引っ張ってシワを整えます。裏返してウエスト部分を上にし、ピンチハンガーに筒状に干します。両サイドの縫い目の上下を持って引っ張り、上から下へ手の平で軽くはさみなでるようにシワを伸ばします。

ポケットのシワを伸ばしましょう。

STEP7

アイロンは裏→表の順でかけます。必ず当て布をしてください。

ジャケットの肩に内側から丸めたバスタオルを当て、肩山を崩さないようにかけます。袖は筒状には丸めたタオルを入れ、丸みを崩さないようにかけます。背中は裏側からかけるときれいに仕上がりますよ。

パンツは裏返して、ポケットやファスナー周りをかけます。ウエスト部分はアイロン台にはかせて押さえがけします。最後に縫い目の上下を合わせ、裾から上に向かってかけましょう。

おわりに

スーツのジャケットとパンツは、色に差が出ないようにするため、同時に洗うことがポイントです。ぜひ実践してみてください。

本記事は、2012年03月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る