生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 忙しい人が仕事の効率をあげる2つのポイント

忙しい人が仕事の効率をあげる2つのポイント

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎日、仕事に追われ、プライベートな時間が少ないという人も多いのではないでしょうか。今日はそんな皆さんの為に、仕事の効率をあげるポイントをご紹介します。

朝一番にすること

その日のやることリストを作る

まずは、その日1日にしなければならないことを、全部メモして、リストを作り、目に見えるところに貼ってください。

その日のだいたいのスケジュールを決める

次に、やることリストを元に、その日の仕事のスケジュールを15分単位で書いていきます。

この2つで、だいたい10分ぐらいでまとめられたら、ベストです。そして、その後、仕事を始め、スケジュールに合わせ、やることが一つ終わったら、リストから消していきます。

これで、1日の中に、いくつかの目標ができ、集中して、仕事をすることができます。

時間が5分空いたら、デスクの片付け

意外と、物探しに時間をとられていませんか

上司のチェック待ち、電話待ち。仕事中に、ちょっと空いた時間ができることも多いと思います。では、その時間を有効利用しましょう。

皆さんの中で、机の上に重なった資料の山や引き出しの中の書類探し、文房具探しで、時間をとられている人は、きっと多いと思います。この時間、実は積み重なるとすごくロスになります。

机の引き出しの上から、よく使うもの、あまり使わないもの、ほとんど使わないけど捨てられないもの、の順に整理して、それぞれの引き出しの中に、入っているもののリストを書いて入れておきましょう。これだけで物探しにかかる時間は、ぐっと削減できます。

また、時間があるとき、名刺の整理をしておき、業種ごと、又は、よく会う人、ほとんど会わない人などの会う頻度で分けておきましょう。

おわりに

残業に追われて、プライベートな時間がない、なんて、本当にもったいない話です。プライベートが充実したら、仕事ももっと頑張ることができます。

上に書いた方法で、仕事の効率をあげ、自分の時間を充実させてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100814032657
  • 20100814032713

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る