生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. いのしし対策方法

いのしし対策方法

2012年03月27日作成

 views

体長50~60cmのいのししが、侵入しやすい道になっていませんか?いのしし被害で囲いを作る前に、守りたい場所の侵入経路をよく見てみましょう。いのししが身を隠して近づきやすい環境があれば、ソコは魅力的なえさ場になってしまうことがあります。

ここではいのしし対策方法をご紹介します。

用意するもの

  • スコップ
  • トタン
  • できれば、牛や羊を放牧

やり方

STEP1

まず、餌になるものを排除します。

畑に捨てたくず野菜、竹やぶなどに、生ゴミ、堆肥、種芋など簡単に近づけるものがあれば、「隠す、見えなくする」ようにしましょう。

また、周辺に大きな石があれば除去してください、「石を転がして下に隠れているミミズ食べる」のは、いのししの特徴のひとつです。

STEP2

次に、侵入を絶ちます。視界を広くして隠れる場所がないようにするのです。

まず、周辺に竹やぶがあれば、刈り取ります。そして、「この道は危険」といのししに学習させるため、けもの道を見つけたら歩きましょう。けもの道の繁った草など刈り取っておきます。イヌを飼っているのなら、イヌのおしっこでマーキングするのも効果的です。

STEP3

牛や羊を放牧するのもひとつの手段です。できれば2頭以上が牛も落ち着いて草を食べます。家畜を飼うことでいのししの好きな繁みも減り、人間も行き来することになります。この相乗効果が結果的にいのしし対策につながります。

STEP4

最後に防止柵ですが、これは一長一短です。四方すべてを囲わなければ意味がありませんし、無防備な場所を作れば、そこが侵入口になります。場所によっては、組み合わせることで効果が上がるときもあります。

  • トタン板・・・飛び越えたり、押し倒したりすることがあります。
  • 金網・・・牙で切断される可能性もあります。接地面の補強がないと穴を掘られてしまい、侵入されてしまいます。
  • ワーヤーメッシュ・・・強度はありますがが、一般の規格では1mしかないため、飛び越えられる可能性もあります。
  • 電気柵・・・一時的な効果はありますが、電線のすき間が広いと小さないのししであれば侵入可能です。

おわりに

柵を作ることは大事ですが、その前に畑の周囲を「見晴らしよく」することです。いのししに侵入しにくい場所だということを学習させるのです。そのためには、作物などを見えるところに捨てないことは基本中の基本。柵を作る位置に気をつけ、メンテナンスを欠かさないようにしましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141113155254 54645546a9b61

本記事は、2012年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る