生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 本を上手に収納する方法

本を上手に収納する方法

2012年03月26日作成

 views

家の中の本棚の中はもういっぱい、もうこれ以上新しい本棚も増やせない!そんなときの本の収納方法を伝授します。

目次

新たな収納場所を作って保管する

用意するもの

  • 押入れラック、プラスティックの衣装ケース
  • 箱と乾燥剤
  • ベッド下収納ケース
  • 物置き、ベランダ用収納

ポイント1:押入れに収納する

押入れにラックを設置すると、本棚として使うことができます。

本をプラスティックの衣装用ケースに詰めて、重ねて収納しましょう。

ポイント2:床下に収納する

床下収納を利用する場合は湿気に注意してください。直接本を入れずに、乾燥剤を入れた箱に詰めておきましょう。

ポイント3:ベッド下に収納する

ベッド下収納に本をしまうこともできます。ない場合は、後付けの「ベッド下収納ボックス」などもあります。高さ・幅をきちんと計ってサイズのあったものを購入してください。

ポイント4:物置に収納する

庭の物置きに本を収納。庭だけでなく、ベランダ用収納など比較的狭い場所に設置できるものもあり、収納場所を手軽に増やせます。

データ化して現物は処分

用意するもの

  • パソコンとスキャナ

スキャナで取りこみデータ化し、パソコン管理する方法です。本そのものは手放すことで保管場所を減らすことができます。

本をデータ化したものは、私的利用の範囲にとどめるようにしましょう。
デジタルデータは、ちょっとした不具合で消えてしまうことがあるので、大切なものは複数のバックアップを取ってください。

保管場所を借りる

どうしても家の中に置く場所がないが、処分はできない…というときには、「レンタル収納スペース」「トランクルーム」といった保管場所を借りるテもあります。場所、広さ、保管状況、月々の支払額などの条件を十分検討して決めてください。

おわりに

ご紹介した方法をうまく活用して、新たな本との出会いを楽しんでください。

本記事は、2012年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る