生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 年賀状を整理するポイント

年賀状を整理するポイント

2012年03月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

年賀状の整理で大事なポイントは「年ごとにまとめる」「いつでも見たい年賀状がすぐに見つけ出せる」ということ。しまい込まずに、目につく本棚、いつも使う引き出しの中などに置いておけばすぐに見つけられるはずです。

今回は、年賀状の整理ポイントをご紹介します。

用意するもの

  • ジップロック
  • はがき専用ファイリングケース
  • ガムテープとペン

やり方

ポイント1:ジップロックにまとめる

年ごとにまとめて、口を閉じるだけで簡単に収納できます。

もっと細かく分類したいときは「親類から」「友人から」「仕事関係から」のように分けて、書類用クリップで止めてからジップロックに入れましょう。

ポイント2:専用のはがきファイリングケースを使う

ポケット式ファイルは一枚一枚収納していくのに手間がかかるので、比較的に年賀状の数が少ない家庭向けの収納法です。

はがきサイズぴったりのボックス型のケースに年賀状をまとめて入れ、フタをするだけ。カードケースのように、はがきを立てて収納するタイプのものは、中に仕切りがあり、家族ごとに分けるのに便利です。

ポイント3:ガムテープで簡易製本

年賀状の向きを揃え、長い辺の一方をガムテープで止めて背表紙にし、製本します。背に年号を書いておくと、本棚に並べたときに探しやすくなります。

ただし、この方法は、一枚だけ抜き取って見たい場合には向きません。あらかじめ、自分の見やすい順番に並べてからとじることをオススメします。

おわりに

官製はがきのサイズは10cm×14.8cm。これをふまえて、サイズのあった袋や箱などの収納アイテムを見つけるようにしましょう。

また、ある程度枚数があると「名前で、あいうえお順に並べる」などといった細かい分類は面倒になってしまいがち。ざっくりと「親類」「友人」「仕事」のような分類した方が整理しやすく、継続しやすくなります。

本記事は、2012年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る