生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. シンク下に鍋類をすっきり収納する方法

シンク下に鍋類をすっきり収納する方法

2012年03月26日作成

 views

調理器具をしまう場所としてはもっとも一般的なシンク下。ここに、増えてしまった鍋やフライパンを効率よく収納する方法を紹介します。

用意するもの

  • シンク下伸縮棚、フリーラックなど
  • プラスティック製の書類立て、またはディッシュスタンド
  • 取っ手が取れるタイプのフライパンや鍋

やり方

STEP1

棚を作って収納場所を増やします。

シンク下に棚がなく、がらんと空いたままだと何をしまうにしても使いにくいもの。「シンク下伸縮棚」「シンク下フリーラック」といった名称の収納アイテムで、空間を区切って、使いやすくしましょう。

STEP2

重ねられる物は重ねて収納します。フライパンのように底の浅いものは、シンク下の棚上段に重ねて保管します。

STEP3

大きい鍋の中に小さい鍋をしまいましょう。

シンク下の下段には、深さのある鍋や重い鍋をしまいます。フタはすべて取って、大きな鍋の中にだんだん小さい鍋を入れ子式にしまっていけば、スペースの節約にもなります。

STEP4

フタは立てて収納します。

デッドスペースを少なくするために、鍋本体とフタは別々に保管したほうがいいでしょう。百円ショップなどで手に入る書類立てや、ブックスタンドのように皿を立てて保管するディッシュスタンドを使い、フタをまとめて立てておくと、見つけやすく取り出しやすくなります。

STEP5

調理器具類の買い替えの際は、取っ手が外せるものも検討します。

取っ手がジャマで思うようにフライパンや鍋が重ねられないなど、どうしてもスッキリしないのなら、買い替えは取っ手がはずせるタイプの調理器具を検討してもいいですね。

STEP6

引き出し式の場合はブックエンドやファイルケースを使用します。

シンク下の収納部分が引き出し式になっている場合は、ブックスタンドやファイルケースを使って、立てて保管すると取り出しやすくなります。引き出しの深さ、鍋の種類などによっては、取っ手を奥側にすると、たくさん収納できます

おわりに

ぜひ実践してみてくださいね。

本記事は、2012年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る