生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ルームシェアをするときに最低限決めておきたいルール

ルームシェアをするときに最低限決めておきたいルール

2012年08月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

3年ほど、友達とルームシェアをしていたことがあります。ほとんどけんかをすることもなく、生活していけたのは、最初にしっかりとルールを決めていたからでした。

今回は、そのときに、決めていたルールをご紹介します。

プライベートは守る

相手の都合を考える

  • 部屋に友達を連れてくる時は、事前に連絡をする。
  • 大人数の友達グループを連れて来るときは、誘うか、迷惑はかからないように、友達グループにも一言注意しておく。
  • 自分の部屋でも、大きい音をたてない(ほどほどに)。

一緒にワイワイ騒ぐ友達か、静かな感じが好きなのか、など、一緒に住む友達のタイプにもよっても、変わります。

お互いのプライベートを守る

  • それぞれの部屋には、声をかけないで入らない。
  • 自分の物以外は、食べない。

私の場合、それぞれ小さい冷蔵庫を使い、共有部分に、勝手に食べてもいい米やパスタ、お菓子などを置いていました。食べ物は意外と重要で、他のルームシェアをしている友達も、食べ物に名前を書いていました。

お金の話

お金の話が、実は一番重要です。

家賃・電気代などの支払いのルール

  • お金を入れる口座を一つ作り、引き落とし日前には、必ずお金を入れる。

部屋を出るときのこと

  • 部屋を出たい時は、最低1ヶ月以上前に相談する。次の人がなかなか見つからない場合を考えて、もう1か月分を負担する。次が見つかったら、お金は返す。

おわりに

ルームシェアには小さい気遣いが必要です。

ここには、最低限のルールを書きましたが、一緒に暮らし始めたら、共有部分の使い方や掃除の分担などのルールも必要になってくるかもしれません。

一緒に住む人が忙しそうだったら、自分から掃除をしたり、ご飯をたくさん作ったら、ご馳走したり、ちょっとした思いやりで、ルームシェア生活を楽しんでください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100813225640
  • 20100813225739

本記事は、2012年08月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る