生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚相手を選ぶのに、後悔しないための心得1、2、3

結婚相手を選ぶのに、後悔しないための心得1、2、3

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚とは「ゴールではなくスタートだ」とよく言います。まさにその通り!結婚前の話が結婚後、すべて守られるわけはないですよね。だからこそ、愛する人と一緒になりましょう。そして「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、以下のことを心得ておきましょう。

ポイント

これはあくまで後悔しない考え方、思考方法です。これさえ心得ておけば、
どんな状況にさらされようと、前を向いて歩いて行けると思います。

結婚相手を選ぶ際、それでもこの人!と思えるかの“ものさし”にしてくださいね。

その1: 人間は生きている=変化していくもの と心得て。

たとえば「俺は東京が好きだから、ずっとここにいようと思っているよ」と言っていた彼が、結婚後「転職し、田舎に住む」と言い出した場合です。もちろん「そんなのについてはいけない、話が違う!!」と思うかもしれません。でもここで、彼を嘘つき呼ばわりしても何もいいことはありません。こんな時、人間は生きている=変化していく、ということを思い出しましょう。彼の本質、芯の部分が変わったわけではなく、あくまで考えが変わっただけ、と。

こんな風に彼の考えが変わっても、愛していけるか、自問してみましょう。

その2: 結婚とは“運命共同体”になる と心得て。

たとえば彼が仕事に失敗し、経済苦を強いられたとします。ここで、彼をなじってはいけません。もしなじって見捨てるならば、たとえば彼が仕事に成功しても、極端な話、宝くじで1億当てても、一緒に裕福になる資格がなくなってしまいます。

彼が今より経済苦になろうとも、愛していけるか、自問してみましょう。

その3: 「幸せになりたい&してあげたい」という両方の気持ちを持ち続ける と心得て。

相手をなじる時、自分の幸せにばかりとらわれがちです。結婚するからには、自分も相手も幸せでいられるように、という方向性で物事をとらえ、考えてみましょう。結婚は「喜びは倍、悲しみは半分。」

彼に対して「幸せにしてあげたい」という気持ちを持ち続けられるか、自問してみましょう。


おわりに

結婚相手を探している友人に私は言います。住んでいるところ、経済状況などは結婚後変わる可能性があるのだから、本質の部分で本当に愛せる人を探してね、と。

私がまさにそう。結婚前は東京を離れるなんて想像もしていませんでした。彼が転職することも思いもよらない展開。これは実体験から導き出した心得です。

喧嘩し、消耗する中で「幸せにしてあげたい」と思っていたことを思い出しましたがーいやはや結婚は、人生最大のギャンブルかもしれませんよ~

この記事で使われている画像一覧

  • 20100816130251

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る