生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「愛されない女性」の特徴を知って「愛される女性」になるコツ

「愛されない女性」の特徴を知って「愛される女性」になるコツ

2012年03月22日作成

 views

彼氏ができると、幸せな気持ちになる女の子がほとんどだと思います。しかし、いつのまにか、彼氏に浮気されてしまったり、貢いでしまったりと、恋愛すると不幸になる女の子もいます。

この記事では、恋愛すると不幸になってしまう「愛されない女」の特徴を知ることで、素敵な「愛され女」人生を送るコツをお教えします。あなたも、この記事を読んでモテ女を目指しましょう!

以下の特徴は、捉え方に個人差があるので、当てはまったからと言って必ずしも「愛されない女」という訳ではありません。

共通するのは、「自己肯定感の低さ」

「愛されない女」になってしまう原因は、自己肯定感の低さです。言い換えれば、「意識せずとも、自分も嫌い&他人も嫌い」ということです。以下、具体的な「愛されない女」の特徴をお教えします。

居場所がないと感じている・親友と呼べる人がいない

こうなると、彼氏=大親友の状態になり、彼氏にとっては重くて逃げ出したくなります。

家族仲が悪い

精神的な「ホーム」がない状態なので、困難に直面した時、拠り所がありません。四六時中、アウェイ・ゲームです。

男兄弟がいない・男友達がいない・潔癖性

男性特有の「どうしようもなさ」に対して、寛容な態度がとれません。パートナーに対して「完璧な王子様」像を描く傾向にあります。

パートナーが友人と遊ぶことをいやがる

パートナーの関心が自分から離れることが怖いので、自分以外の人間との時間を持つことを嫌います。

否定的・消極的な言い方をする

成功体験の不足からくるものかもしれません。「やり遂げた」とか「これでいいんだ」という気持ちが薄いためです。

「~したい」と言わず、相手が察してくれるまで待つ

小さいころから自分の欲求を抑えているタイプは、「~したい」と口に出すことに、罪悪感を感じていることがあります。

断ることができない

断ると嫌われると思っているからです。また、相手の希望を叶えると、自分の希望をかなえてもらえると思っています。だから、自分の希望が受け入れられないと、とても傷つきます。

「どうして?」「なぜ?」と聞くと、攻撃的になる

「怒られている」「反対されている」「否定されている」と感じるからです。理由を説明しなければならないことは、してはいけないと感じています。

世間体や他人の目を気にする・他人と比較する

他人からの視点で判断して、自分を評価しようとします。他人に対しても、資格や経歴で判断する傾向があります。

正論をふりかざす・融通がきかない・「~べき」「~しなきゃ」と言う

優等生で、人生を楽しむ感覚が乏しいです。正論をふりかざすということは、自分を批判されることを嫌っているということでもあります。

他人を見下した態度を取る・批判や批評する

自分で生み出したものを批評されて、自分が傷つくことを恐れていることの裏返しです。生み出したものへの批判を自分への批判のようにとらえがちです。

熱中するものや好きなものがない

他人の目を気にする方にエネルギーが行ってしまうからです。また、一人で過ごすことができないので、他人が嫌いなのに他人と一緒に過ごそうとします。

「愛され女」になるためには?

愛される女になるには、月並みな言い方ですが、「自分を好きになること(受け入れること)」です。

筆者自身、「愛されない女」でした。それでも、自分が楽しいと思うことを少しずつ積み上げていって、自分を好きになり、今ではパートナーと楽しい生活を送っています。あなたが「愛されない女」の特徴にあてはまるとしたら、もっとあなたが楽しいと思うことに、時間とお金を割くことをおすすめします。

長風呂でも音楽でも読書でも、心地よいことに一人でどっぷり浸かることで、あなたの心が満たされて行きます。小さな心地よいことでも、毎日続けて、あなたを楽しませてあげてください。

あなたがたっぷりと満たされれば、自然と「愛され女」の行動を取っていることでしょう。

おわりに

愛し愛され生きる、というのは、人生の醍醐味の一つ。この記事が、あなたの素敵な恋愛生活を送るきっかけになったら、幸いです。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/18-359609.php)

著者:うーたん2.0

この記事で使われている画像一覧

  • 20120322105329 4f6a861919e10 thumbnail

本記事は、2012年03月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る