生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 結婚式の段取りのい・ろ・は

結婚式の段取りのい・ろ・は

2012年03月17日作成

 views

素敵な出会いが二人を結びつけ、愛を育んで迎える結婚式。
夢が広がりますよね。

でも実際は色々と決めることが山積していて、何をどう決めていけば良いのかが分からない!と言う方も少なくないと思います。

ここでは、そんな方のために結婚式の段取りのいろはをご紹介したいと思います。

分かりやすく3STEPにまとめています。

用意するもの

  • 結婚情報誌 (情報網は適度にあると良いと思います。)
  • パソコン (あれば便利ですが、なくても大丈夫です。)

結婚式の段取りのい・ろ・は

STEPい:ブライダルフェアーに行こう!

どんな結婚式にしたいのか、最初はなかなかイメージしにくいものですね。そこで、活用できるものはうまく使っていくことをお勧めします。

結婚式の形式は様々ありますが、このブライダルフェアーを利用することで、ホテルなど、このフェアーを主催している側が詳細に説明してくれるので、選択肢が広がります。

フェアーでは、模擬挙式や模擬披露宴の演出もあるので、実体験することで自分達に置き換えて考え易くなります。また、結婚式を検討しているカップル限定で当日のフルコースメニューを無償、あるいは割引価格で提供してくれることろも数多くあります。いわば、自分達が行う結婚式を出席する側として客観的に観ることができるわけです。その上、実際の料理を事前に味わうことができるので、出席者へのおもてなしを重視する方には嬉しいサービスなのです。

この模擬挙式では、バージンロードの長さや式場の広さ、讃美歌の響き具合などを確認することができます。バージンロードの長さによってウェディングドレスのトレーンの長さを決める参考になります。模擬披露宴では、部屋の大きさ、テーブルコーディネート、花、披露宴の演出、ドレスとタキシード、和装など詳細な部分が目に見えてわかるので、参考にしやすいわけです。

ネットや結婚情報誌からブライダルフェアーを検索すると嬉しい特典が付いてくる場合があるので、事前にチェックしておくことをお勧めします。

STEPろ:結婚式場の日程を抑えよう!

結婚式場は一年先の予定が入っていることが当たり前なので、結婚式を挙げる日程は第一に検討し、決定次第仮予約を入れておくといいでしょう。他に希望する式場がある場合や日程の候補日がある場合は、いつまでにキャンセルすれば問題ないかを必ず確認しておきましょう。通常は正式予約をした時点でキャンセル料が発生してくるのですが、仮予約には有効期限があるので、その辺りをきちんと確認しておきましょう。

特に日程や時間帯にこだわりのある方には重要なポイントとなるでしょう。

STEPは:結婚式の3か月前から多忙になると覚悟しよう!

ブライダルフェアーで一応の流れは分かり、式場の予約をしたら、あとは挙式、披露宴の中身を決めていくだけ。

結局のところ、本格的に忙しくのるのは結婚式の3か月前くらいからなのです。衣装を決めたり、招待客のリストアップ、招待状、披露宴の演出やお料理、引き出物など、詳細に決定していくことが増えるのです。この時点で、喧嘩したり、疲れてしまうカップルも多いことでしょう。でも予め、3か月前から行う段取りを頭に入れておき、少しずつできることを前倒ししておいたり、多忙になることを想定しておくとでストレスは軽減されるでしょう。

さいごに

結婚式は、無形なところから有形なものに作り上げていく二人の初めての共同作業なのです。初めてのことに困難はつきものです。でも、上記の3STEP(い・ろ・は)を参考にすれば、自分たちの思う形が見つかり、よりスムーズに決定していける足がかりになるでしょう。

二人の思い出に残る結婚式を作るために、そして、よりスムーズに決定していくために優先順位をつけて取り組むことがキーワードになるでしょう。


(Photo by http://www.ashinari.com/)

本記事は、2012年03月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る