生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 余った常備菜を使い切る方法

余った常備菜を使い切る方法

2012年09月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

買ったはいいけど、微妙に残ってしまうふりかけや塩昆布、
瓶詰めの佃煮等を使い切って一品作る方法です。

お酒のつまみやお弁当のおかず、
食事時にもう一品欲しい時や箸休めに便利です。

和える

野菜と和えます。

野菜室の残り野菜をざく切りにしてサッと茹で、
塩昆布やふりかけ、海苔の佃煮やなめ茸と和えるだけ。

茹でる野菜としては「ほうれん草や小松菜などの葉野菜」
「キャベツ」「ピーマン」「人参」「もやし」などが使えます。

一口大に切ったアボカド、水にさらした玉ねぎ、キュウリもイケます。
また、野菜ではないですが、茹でたスパゲティやうどんにも合います。

混ぜる

卵焼きの具にします。

溶いた卵にふりかけや塩昆布、なめ茸、海苔の佃煮を混ぜて
卵焼きを焼くだけ。

プチがんもどきにします。

水切りした豆腐を崩し、そこにふりかけや塩昆布、なめ茸などを入れ
醤油、塩などで味を調え、つなぎの片栗粉を適量混ぜて
形を整えて焼くだけ。

※作りすぎたひじきの煮物やきんぴらごぼうでもできます。

是非、お試しを。

本記事は、2012年09月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る