生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ウスターソースの作り方

ウスターソースの作り方

2012年03月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ウスターソースの作り方をご紹介します。

用意するもの

  • トマトジュース・・・1L
  • セロリ・・・1/2本
  • 玉ネギ・・・1/2個
  • 人参・・・1/4本
  • ニンニク・・・3片
  • ショウガ・・・1/2個
  • 昆布・・・10cm
  • 煮干し・・・5尾
  • リンゴ・・・1個
  • 黒コショウ・・・大さじ1
  • レーズン・・・20g
  • 鷹の爪・・・1本
  • ローリエ・・・3枚
  • シナモン・・・小さじ1
  • ナツメグ・・・小さじ1
  • クロープ・・・小さじ1
  • タイム・・・小さじ1
  • セージ・・・大さじ1
  • クミン・・・小さじ1
  • 醤油・・・100cc
  • 砂糖・・・50cc
  • 酢・・・50cc
  • 塩・・・大さじ3

  • さらし(ソースをこせる布であればOK)

  • おろし金

やり方

STEP1:煮干しの頭とはらわたを取る

煮干しの頭とはらわたを取り除いておきます。

STEP2:ニンニクとショウガをみじん切りにする

ニンニクとショウガをみじん切りにします。

STEP4:玉ネギを薄切りにする

玉ねぎを薄切りにします。

STEP5:セロリと人参、昆布を細切りにする

セロリと人参、昆布を細切りにします。

STEP6:鍋に入れて煮込む

鍋に切った食材とトマトジュース、水を入れて50分程度、中火で煮込みます。

STEP7:そのほかの食材を入れる

水の量が半分くらいになったら、黒コショウとレーズン、鷹の爪、ローリエ、シナモン、ナツメグ、クロープ、タイム、セージ、クミンを鍋に入れます。弱火で10~15分程度、煮込みます。

STEP8:すりおろしたリンゴを入れる

おろし金でリンゴを皮ごとすりおろし、鍋に入れます。

リンゴを入れるととろみがつきます。

STEP9:調味料を入れて味をととのえる

リンゴを入れたら、醤油と砂糖、酢、塩を入れて味をととのえながらさら10~15分程度、弱火で煮込んでから火を止めます。

STEP10:さらしなどで材料をこす

粗熱がとれたら、さらしなどを使って材料をこし、ソースを保存容器に入れます。

ソース作りで使用した野菜はカレーの具などに再利用しましょう!

おわりに

作ったウスターソースは完成後、2週間ほど冷蔵庫で寝かせるとさらに味が深まります。

参考元

このライフレシピは『あれも、これも、おいしい手作り生活。』の一部を参考にしています。

『あれも、これも、おいしい手作り生活。』
著者/まめこ
出版元/サンクチュアリ・パブリッシング

この記事で使われている画像一覧

  • 20120314154555 4f603ea318091

本記事は、2012年03月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る