生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 人の目を描くときのコツ

人の目を描くときのコツ

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

人の絵を描くときに、体や服装はなんとなく描けても、顔、特に目を描くのが難しいという人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、あまり絵に自信の無い人でも、上手に人間の目を描くコツをお教えしましょう。今回は、パソコンで絵を描く方向けです。

①自動車のライトを意識しましょう。

人間の目を意識するよりも、自動車のライトを意識しましょう。リアルな絵というよりも、漫画風の絵を描くならば、人間の目よりも車のヘッドライトを想像しましょう。

このように、人間の目というよりも、自動車のライトのような形にすること目がキツい人でも、やさしい感じで描くことができます。

上記画像もそうですが、10秒程度で描いたものであまり深く考えずに描くと、良い仕上がりになる事もあります。

②リアルに描くなら「気持ち悪い」まで

本当にリアルに描けば、人間の絵は「気持ち悪い」が最終地点になります。パソコンで描く場合は、エアブラシツールの重ね塗りなどで、質感を出すことができます。便利なツールについては、③ をご覧ください。

  • 例 すこし気持ち悪いかもしれません。

上記画像は、下記紹介のパソコンのツールで描きました。今回はペンタブレットを使用せずに描きましたが、マウスでもそこそこ上手に描くことができます。

③オススメのソフト

私が愛用し、初心者からプロにまで愛されている、ペイントツールといえば
ペイントツール SAI
こちらは有料ですが、30日間無償で試用ができます。ペイントソフトの中でも5250円と安価で、機能も満載です。

最後に

絵の上手さは先天性の物だそうですが、どんな人でも何度も練習すれば、それなりの絵が描けるものなのです。皆様、上記のアドバイスも含め、より絵が上手くなるように練習を頑張ってください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100812023018
  • 20100812025609

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る