生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. はじめての掃除のやり方

はじめての掃除のやり方

2012年03月06日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

一人暮らしをはじめたばっかり、という人など、これから掃除をはじめなければいけない、という人も多いと思います。

そこで、掃除のやり方の基礎の基礎を紹介します。

掃除する場所

家の形式にもよりますが、主に掃除する場所は以下になります。

その他にも、押入れや電化製品、冷蔵庫や棚なども掃除対象になります。

用意するもの

掃除の際に必要なものをまとめてみました。

掃除機

掃除機は必須といえるものです。掃除機には主に2種類あります。

  • サイクロン式掃除機
  • 紙パック式掃除機

サイクロン式は吸引力が落ちづらく、また紙パックなどの消耗品がいらないのがポイントです。一方で、ゴミを捨てる時にやや手間がかかるケースが多いです。

紙パック式は、ゴミを捨てる際には紙パックごと捨てられるので手間がかかりません。一方で排気の臭いがあったり、消耗品にお金がかかったりします。

ただ最新式であればどちらの問題も解消されつつあるので、ライフスタイルによって変えればいいでしょう。

また、最近ですと、「ルンバ」のような自動式の掃除機もあります。自動的にやってくれるので、掃除の手間自体がなくなりますが、まだ高価なのが難点です。

どれを買うのかは人によりますが、「価格.com」の掃除機コーナーで評判がいいものを買うとはずれがないかもしれません。

モップ系

掃除用品システム・アルミ伸縮式ポール

モップ系は、無印良品などで売っている柄を使いまわせるものを買うといいでしょう。このポールと

フローリングのモップを買い、

掃除用品システム・カーペットクリーナー

通称コロコロを買うと、だいたいの掃除に対応できます。

洗剤系

洗剤は最初のうちは住まい用の洗剤をひとつ買っておきましょう。

Amazon.co.jp: ECOVER(エコベール) 住まい用洗剤 500ml: ヘルス&ビューティー

原液と薄めるのを使いこなすとたいていなんとかなります。

その他

  • ぞうきん
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ
  • スポンジ
  • はたき
  • 新聞紙
  • 綿棒

などがあると便利です。手作り系でいうと

などもおすすめです。

掃除の基本

掃除する場所によって掃除の仕方は変わりますが、全般的に言える掃除の基本を紹介します。

こまめに掃除をする

掃除はこまめにやるのが一番です。汚れは時間がたつほど頑固になるので、気づいた時に少しの時間だけやる、というやり方がおすすめです。

掃除用品を常に手の届く場所においておく

こまめに掃除をするために、洗剤や掃除道具を、すぐに用意できる場所においておくといいでしょう。

掃除の順序

掃除をするときの順序は、

  • 「上から下」
  • 「奥から手前」
  • 「乾から水」

が基本です。ホコリなどが落ちてくるので、まずは上からやります。そして部屋の奥から掃除をしていきます。汚れに関しては、乾拭きをしてから、汚れが落ちない場合に水拭きをする、という流れです。

汚れの性質を考える

汚れが弱性かアルカリ性かどうか、また材質がどうか、などによって使ってくる道具や洗剤が変わります。このあたりを見極められるようにしましょう。

おわりに

というわけで、掃除の基本の基本をまとめてみました。

ここから、いろいろな場所や材質、汚れの種類によって各個別の掃除をマスターしていくのがいいと思います!

その他の掃除の記事

この記事で使われている画像一覧

  • 20120306135133 4f5597d5a4c8b
  • 20120306135748 4f55994caec4b
  • 20120306140224 4f559a60f29c1
  • 20120306140406 4f559ac61ded2
  • 20120306152836 4f55ae94d3a59

本記事は、2012年03月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る