生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 仕事で忙しい人でも勉強時間を確保する方法

仕事で忙しい人でも勉強時間を確保する方法

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

忙しい人ほど勉強に意欲がありますが、忙しさにかまけて勉強時間を確保するのはたいへんですよね。

ポイント

ポイントは2つあります。以下にご紹介します。

その1:通勤電車で新聞を読まない。

新聞は出社してから堂々と会社で読みましょう。電車で新聞を読まないことでその時間を勉強時間として確保します。個人差はありますがこれで10分程度は勉強時間を確保できることになります。参考図書を読む、語学であればリスニングのトレーニングをするなどができます。

新聞を会社で堂々と読むと書きましたが通常は就業時間前にのみ有効と思われます。

その2:早起き、そしてカフェへ

やはり早起きは定石です。最近は朝早くから営業しているカフェが多くあります。丸の内や茅場町などの金融業が多い街は8時前でも満席のカフェは珍しくありません。一度、がんばって早朝営業のカフェに行ってみましょう。多くの人たちが勉強をしていることに驚くことでしょう。刺激を受けモチベーションが上がります。

いつもより45分早起きし、会社近くのカフェで30分間勉強し、15分前に出社し、新聞を読む。これを強い決意を持って習慣化します。

新聞を読む順番を勉強の前に持ってきてはいけません。興味のある記事などがあった際にはそこへ入り込んでしまい、気が付けば勉強時間が減ってしまうことになります。勉強時間を優先とします。

おわりに

継続は力なり。どんな仕事でも当たり前のことを当たり前のように進めていくことがゴールへの一番の近道だと思います。それが出来るか出来ないかで大きな差が出てきます。まずはカフェでがんばって勉強している人を横目で見ながら自分を奮起させ1ヶ月がんばりましょう。そうすれば1年間続けることができるでしょう。

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る