生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ニモを飼ってみよう!カクレクマノミ飼育に必要なグッズまとめ

ニモを飼ってみよう!カクレクマノミ飼育に必要なグッズまとめ

2015年08月27日更新

 views

お気に入り

ディズニー映画『ファインディング・ニモ』の主人公・ニモのように、カラフルでかわいらしい魚を飼ってみたいな〜と思ったことはありませんか?オレンジと白の縞模様が特徴的なあの「ニモ」は、じつは「カクレクマノミ」という種類の魚なんです。

カクレクマノミ(学名:Amphiprion ocellaris)は、スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科に属する魚の一種。(wikipediaより)
カクレクマノミは「熱帯魚」ではなく「海水魚」です。(※「熱帯魚」は淡水魚)

今回は、このカクレクマミノを飼う方法を紹介したいと思います。これまでに魚を飼ったことがなく、「水槽すら家にない!」という方でも、トータル2〜3万円ほどあれば、お家でニモを飼うことができるんですよ!

必要なもの

水槽:3,000円程度

まずは水槽。大きいもののほうが好ましいですが、30cm×30cmほどあれば大丈夫です。

フィルター(ろ過設備):3,000円〜

水を循環させたり、ヨゴレなどをろ過するためのフィルターも購入しましょう。フィルターは、水槽の中に取り付けるものと外に取り付けるものがありますが、中に取り付けるタイプのほうが比較的お安くなっています。

サンゴ砂:1,000円

カクレクマノミは海水魚なので、より海の環境に近くなるようサンゴ砂を用意しましょう。粒の大きさはいろいろありますが、洗い方が変わるだけなのでどれを選んでも大丈夫です。

ライブロック:3,000円程度

「ライブロック」とは普通の岩ではなく、死んだサンゴの骨格に微生物などがついた岩のことをいいます。このライブロックがあると水槽内のレイアウトがグッとオシャレになるだけでなく、微生物が水槽をキレイに保つ作用もあります。そのため、今ではレプリカのライブロックも販売されていますが、なるべく自然のものを使うといいでしょう。

LEDライト:2,000円〜

規則的な生活リズムを作ってあげるために、ライトも必要です。LEDか、メタルハライドのものを選びましょう。

ヒーター(サーモスタット不要タイプ):2,000円程度

水温は25度に保ちましょう。そのためにはヒーターが必要です。ただし、夏場は別途クーラーが必要になる場合もあります。

ニモ(カクレクマノミ):1匹1,000円程度

ひとつの水槽に飼うカクレクマノミは、なるべく2匹(カップル)までにしましょう。カクレクマノミには、ひとつのイソギンチャクにつき、ひとつのカップルまでしか共生できないという習性があります。そのため、小さな水槽内にカップル以外のカクレクマノミがいた場合、縄張り争いで攻撃されて、弱って死んでしまう可能性が大きくなってしまいます。

イソギンチャク:3,500円~

クマノミが隠れ家とし、共生相手ともなるイソギンチャクも必要です。イソギンチャククマノミと相性のいいイソギンチャクとそうでないイソギンチャクがいるので注意してください。「ハタゴイソギンチャク」や「センジュイソギンチャク」などを選ぶといいでしょう。

「カクレクマノミの育て方」の参考サイト

詳しい「飼育の仕方」は、以下のサイトなどを参考にしてください。

海水魚を飼っているブログ紹介

この記事で使われている画像一覧

  • 20090917121034

本記事は、2015年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る