生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「失敗した」と思わないための就職活動

「失敗した」と思わないための就職活動

2012年11月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職難が叫ばれる昨今、なんとか内定を得たいと考える学生の方は多いのではないでしょうか。

ポイント

ポイントは複数あります。以下にご紹介します。

ポイント1

卒業生の就職先に応募する

近年、大学名による就職差別なんてないと思っていませんか?多くの企業では、書類選考の段階で大学名による足切りを行っています。

エントリーシートに書かれている内容がとても素敵なことであっても、大学名で足切りされているのです。限られた時間でより多くの企業に応募することが内定を得るために必要なことですから、無駄なエントリーはしたくないですね。

その際に参考にしたいのが、就職サイトの「出身校」欄や大学の就職課にある卒業生名簿の「就職先」欄です。

先輩が就職しているということは、その会社では自分の大学が足切りされないということなのです。「卒業生の就職先に応募する」これが、効率よく内定をえる方法です。

ポイント2

業界を勉強する

ついつい興味のある企業にばかり応募したり、ついつい焦ってどんな業界があるかも調べずに手当たり次第応募していませんか?

自身の経験がどんな業界に生きるのか? 実は、大学生の経験や知識だけでは分からないのです。

この世にどんな業界や職種があるのかしっかりと勉強することで、他の学生がなかなか気づかない穴場の業界や職種を見つけることができるのです。

ポイント3

無名の優良企業を見つける

CMなどでおなじみの企業には多くの学生が応募します。そんな狭き門にチャレンジするより、無名ながらも業績が好調な企業、日本では無名でも海外では有名な企業に応募した方が内定率は高くなります。

おわりに

就職に失敗して不本意な就職をしてしまったと思う前に、しっかり準備して効率よく就職活動をしていきたいですね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/08/12-026208.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100811220524

本記事は、2012年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る