生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 安く、簡単、手軽にリラックスするためのポイント

安く、簡単、手軽にリラックスするためのポイント

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

忙しい社会人の方には、やはり休息が必要。

布団に入り、寝るだけでも疲れはとれますが、なんだか気分が晴れない。そんな時は「休息」ではなく「リラックス」しましょう。

もっと「ぐっすり」と寝てみましょう

あまりに疲れると、眠たいのにまぶたが軽く、なかなか寝付けないという事を皆さん経験したことがあるでしょう。

そんなときは、布団から手を出して、足を暖めて寝ましょう。足を暖めると、疲れがとれ、より眠気を増やしてくれるそうです。

真っ暗闇よりも、すこし明るく

人間は、暗闇を嫌うという性質があります。

暗いところが好きという人も、本当になにも見えないと、不快感を感じると
思います。

なので、真っ暗にして寝るよりも、すこし明るくして寝たほうが良いでしょう。蛍光灯の豆電球をつけたり、テレビを点けたりして、明るさを自分好みにアレンジしましょう。

寝る前にコーヒーは禁物。ホットミルクがGOOD

寝る前にコーヒーを飲む人も多いのではないでしょうか?

コーヒーには「カフェイン」が多く含まれて居ます。このカフェインには軽い覚醒作用があるとされ、睡眠を阻害します。

寝る前には40℃程度のぬるま湯、もしくはホットミルクが良いでしょう。

おわりに

以上の三点を、自分好みに合わせ実施すると、結構深い眠りにつくことが
できます。しかし、これにも個人差があります。

いろいろ試行錯誤をして、ストレスの無い生活を送りましょう!

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130403160158 515bd3e62da46

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る