生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. プロフィール写真を撮る際に個人特定されないようにするポイント

プロフィール写真を撮る際に個人特定されないようにするポイント

2012年09月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

ブログやTwitterなどインターネット上のプロフィール写真、個人特定されると困るけど無ければ無いで寂しいですよね。

個人特定されないようなプロフィール写真を撮るのに良さそうな方法をいくつか並べてみます。

いずれの方法も、目が隠れるような角度にするとか、後でモザイクをかけるなど、顔そのものがはっきり映らない工夫をしましょう。

自宅のカーテン前

自宅でキッチリカーテンを閉めて、その前で写真をとります。室内のほかのものの映りこみをふせぎ、窓の外も映らないし、手間もかからない方法です。

ただし金属など反射するものを身につけていると、そこに映りこむ可能性もあるので気をつけましょう。

仮装系イベントを利用する

顔を映さないようにしても、背景や持ち物で分かってしまう時もあります。それなら、いつもと全く違う場所、違う服装でいるときを利用して写真撮影してみてはいかがでしょうか。

仮装した姿であれば個人特定はしにくいし、楽しい雰囲気も作れます。

クリスマスやハロウィンなどのイベントを利用して、面白くて個人情報が入りにくい写真を撮ってみるといいかもしれません。

お祭りなどのイベントも良さそうですが、町内が特定出来たりするような情報がアチコチに入っているものなので注意が必要です。運動会などのイベントも、学校が特定できるような情報が入ってきたりするので注意しましょう。

観光地を利用する

撮影場所は自宅でないほうが望ましいので、観光地に出かけた時に撮った写真を利用するのも良いと思います。

テーマパークなどで扮装して写真を撮ってもらえるサービスを利用して、それを活用するのもお勧めです。

観光地で顔だけ入れて撮影できる書割みたいなものを利用するのも楽しいと思います。

おわりに

個人特定されても困らない、と、思っていても、実際ばれると困ったことがおこるもの。ブログやTwitterでついつい油断した発言をしている場合ってありますよね。中には会社や特定個人に知られては困るような内容、ありませんか?

知られない、と、思っているから、ついつい油断した書き込みをしていることもありますよね。それに文字ベースのコミュニケーションですから誤解を招くときもあります。

何が起きるか分からない世界だから、とりあえず個人情報は極力流れないようにしておいたほうがいいと思います。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100811120124

本記事は、2012年09月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る