\ フォローしてね /

子供でも出来る!超簡単な「玉留めもどき」のやり方

このライフレシピのもくじたたむ

旦那さんのスーツのボタンつけや、子供のアップリケつけなど家庭を持つとお裁縫をする機会が増えますよね。

ボタンつけなど、お裁縫の最後には「玉留め」をします。でも、あれって結構難しくないですか?糸がこんがらがってしまったり、結び目が布から浮いてしまったり…。

今回は一般的な「玉留め」が苦手!出来ない!という人向けにとっても簡単な「玉留めもどき」の方法を、写真を添えてご紹介します。とても簡単なので、お子さんにも教えてあげてくださいね!

「玉留めもどき」のやり方!

この方法は糸を2重にして裁縫をしたときにしか使えません(2本どりのときのみ使えます)。

STEP1:1本の糸を切る

縫い終わったところから2本の糸が出ています。このうちの1本を5センチ程度の長さを残して切ります。

STEP2:近くからもう1本を出す

写真のように「玉留め」を作りたいすぐそばに針を刺し、布をすくいます。

針を引き抜き、2本目の糸が1本目の糸のそばに出てくるようにします。

STEP3:2本目の糸を切る

今出てきた2本目の糸を、5センチ程度の長さを残して切ります。

STEP4:2本の糸を結んで完成!

飛び出している2本の糸を「かた結び」して固定します。

ぎゅっぎゅと結んでほどけないことを確認したら、余分な糸をカットして完成です!

おわりに

超簡単な「玉留めもどき」のやり方いかがでしたか?これじゃ簡単すぎる!ちゃんとした「玉留め」のやり方を知りたいという方は『裁縫の基本!縫い終わりに行う『玉留め』のやり方』をご覧ください。

以下の関連記事もあわせて、ご覧いただきお裁縫の基礎を思い出してくださいね。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。