生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 効率のよい読書をするための3STEP

効率のよい読書をするための3STEP

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

本を読んでも内容が理解できないと感じたことはありませんか?

せっかく読書をしたのに内容を吸収できなかったら、時間を損した気分になってしまいます。そこで今回は、効率よくスムーズに本の内容を理解するための3つのSTEPを紹介したいと思います。

やり方

STEP1 全体像を把握しよう

まず本の全体像を把握します。そのために以下のポイントをチェックしましょう。

  • 目次(あれば索引も)
  • まえがきとあとがき
  • 本文中の図や表

この中でもっとも重要なのは目次です。目次を指す英単語「contents」には、内容・趣旨という意味があります。つまり、目次にはその本の全てが凝縮されているといっても過言ではないのです。

STEP2 読む前に予測しよう

目次や見出しを手掛かりに本の内容を予測してみましょう。内容を予測してから読むことは理解を深めるための助けとなります。もちろん正確に予測をしようとする必要はありません。

予測をする目的は、自分と著者の間にある考え方や知識のギャップを明確にすることです。そうすることで、実際に本を読むときに驚きや感心、あるいは反論が心の中に浮かぶようになります。

予測をすることは能動的に本の内容を理解しようという姿勢をつくるための準備となります。

STEP3 好きなところから読みはじめよう

STEP2まで進めていくうちに興味を持った部分から読んでいきましょう。

1ページ目から順番に読む必要はありません。しっかりと構成を考えてつくられた本はどこから読んでも内容が理解できるように書かれています。

本を読む目的がはっきりしているのならば、面白くないと思った部分や必要でないと感じた部分は読み飛ばしてしまっても大丈夫です。本の中で重要なのは全体の20パーセント程度だといわれているからです。

おわりに

読書のちょっとしたコツを知ることで、効率よくスムーズな情報収集が可能になります。もちろん、ここで紹介したことだけが全てではありません。自分なりの読書スタイルをみつけて有意義な読書時間にしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100810174108

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る