生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 志望する大学院の研究室を訪問する方法

志望する大学院の研究室を訪問する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

大学生の卒業後の進路の一つに『大学院』があり、近年は就職氷河期ということもあって大学院に進学する人が多くなっています。とりわけ理系の学生は大学院への進学の割合が文系の学生に比べて多くなっています。

この大学院への進学について、受験の際に特に重要なことが『研究室訪問』です。

研究室訪問はその研究室がどのような研究を行なっているのかを知るだけではなく、研究室の雰囲気や教授・学生の人柄などを知るためにも非常に重要なものとなっています。

筆者も理系の学部から大学院に進学しましたが、「どのようにして研究室を訪問すれば良いか」ということに悩まされ、しばらくは情報収集に奔走した記憶があります。

今回は、私と同じように大学院に進学しようと思っている学生のために研究室訪問に関する情報を提供したいと思いますので、参考にしてみてください。

方法

訪問の時期

まず、大学院の試験は前半が7~9月、後半が12~2月に行なわれるところが多いようです。

研究室を訪問する日程についてですが、研究室には遅くとも試験の約1ヶ月前には訪問するよう心がけましょう。

訪問の時期が早い分には問題はないと思いますが、あまりにも遅いと入学試験の準備のせいで訪問できなくなる可能性が出てきます。

メールを送信する時期

さて、1ヶ月前に研究室を訪問するとして、そのアポ(訪問の予約)を取るためにはさらにその2週間前にはメールを送っておきましょう。

これは、こちらから相手の予定を埋めることになるので、相手にアポの日程の最終決定権を与えなければならず、日程的に十分な余裕を持つ必要があるためです。

メールの内容

メールの内容についてですが、以下の内容を参考に自分なりに文章を考えてみてください。

このとき重要なことは、上述の通り「相手にアポの日程の最終決定権を与える」ということです。

○○大学大学院 ○○研究科 ○○○○(フルネームで)先生


 突然のメールで申し訳ありません。
 ○○大学○○学部の○○○○(ふりがな)と申します。

 私は今年度大学院を受験予定で、○○先生の研究に興味を持ったため、ご連絡を取らせていただきました。

 私は大学の卒業研究で~について研究しており、大学院では○○先生の研究室に関連する~について研究したいと考えています。

 つきましては○○先生の研究室を訪問させていただきたいのですが、○月~○月の期間で、○○先生のご都合をお聞かせいただければ幸いに存じます。

 何かとご多用中のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いします。


----------------------------------------
○○大学○○学部○○学科 4年
○○○○(名前)
メール : ○○@○○.○○
----------------------------------------

おわりに

訪問後には、2、3行程度の簡単な内容でいいので必ずお礼のメールを送るようにしましょう。

また、訪問の場合には手土産を持って行く必要があるのかという質問をよく後輩からされますが、私は必要ないと思いますし、実際にしませんでした。

しかしちゃんと合格できましたし、研究室の教授・学生とも良好な関係を築くことができたと思っています。

大学院に合格するために必要なものは、筆記試験に対する努力ももちろんですが、個人的には「研究に対する熱意を伝えることができるかどうか」だと思います。

研究室訪問に限らず、筆記試験でも面接でも、とにかく熱意さえ見せれば意外となんとかなるものです。

それでは受験生のみなさん、頑張ってください!

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る