生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 扇風機を上手に使ってエコする方法

扇風機を上手に使ってエコする方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

エアコンを使う場合でも、ストーブを使う場合でも、扇風機を上手に組み合わせると快適な環境を整えながらエコできます。

扇風機を使って上手に温度・湿度の管理をしましょう。

家に風を通す

家に風を通すとき、扇風機で補助してあげると上手に空気の入れ替えが出来ます。風が滞りがちな場所においたり、風の入り口や出口に置いて風の通りを補助してあげましょう。

湿気がこもりがちな押入れやクローゼットなどにも活用すると湿度のコントロールが出来ます。

夏場は打ち水をしたあとなどに扇風機を使って空気の入れ替えを行うと少し涼しくなります。

冷房

冷房をいれているときには、扇風機をエアコン側に向けて風を回すと良いようです。冷気は下にたまりますから、下の空気を上にあげるような向きで扇風機を使うと良いと思います。

おきている時には風が自分が当たるようにすると涼しさが増して温度設定が高めでも快適に過ごせます。寝るときには壁などに当てて直接風があたらないように使うと体調を崩さずに涼しく過ごせるようです。

涼しいからといって風に直接当たり続けるのは心臓などによくありませんので気をつけてください。

暖房

暖房を使っているときにも扇風機を使うと快適に過ごせます。

暖房の場合は、暖気が上に上っているので扇風機は上向きにします。風は体に直接あたらないよう調節しましょう。

脱衣所や台所

脱衣所や台所にまで空調が用意してある家庭は少ないと思います。温度差があって危険な場所でもありますから、扇風機を上手に使ってあげしまょう。

夏場なら、扇風機のみの力で涼しくするのも良いと思います。

冷房・暖房の効いている部屋との配置の問題もありますが、隣り合っているなら扇風機を使って暖気や冷気を流し込むことが出来ます。なんとなく勿体無い気もしますが、温度差があって危ない場所ですし、短時間しか使わない場合が多いでしょうからやってみてください。

湿気がこもりやすい場所でもあるので、湿気対策としても扇風機は便利に使えます。

おわりに

エコというと我慢してしまいがちですが、使えるものは上手に使って少しでも快適に過ごしましょう。

節電出来ても人間が倒れてしまったら何にもなりません。こちらで使っていた分をあちらで使って健康的に生活できるなら、それもエコのうちなのではないかと思います。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100809180505

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る