生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. We are the worldを歌いチームの結束を高める方法

We are the worldを歌いチームの結束を高める方法

2014年01月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

1985年に発売され、世界的な大ヒットとなったWe are the world。
37名もの著名なアーティストによりおこなわれた、奇跡的なレコーディング風景の映像を見た人も多いかと思います。

1人1人が自分のパートを歌い、そして最後には全員でコーラスをして壮大な1曲ができあがるというのは、まさに仲間が力を合わせて1つのプロジェクトを遂行することともいえます。

ひょっとしてWe are the worldを友達同士や、社員で歌い、レコーディングすることで、チームとしての結束を高めることができるのではないかと考え、実際に試した結果、非常にすばらしい効果を得ることができましたので、ここでそのレシピを紹介します。

まずは事前準備です

STEP1 仲間集め

本当のWe are the worldは40名弱ですが、実際にソロパートがある人の人数は19名です。
筆者の経験では、15名から19名がいいかと思います。

STEP2 パート決め

誰がどのパートを歌うかを決めます。
最もいいのは、全員が集まりカラオケ屋さんにいき、実際の映像が流れるカラオケを見ながら決めて行きます。

※YOUTUBEでも見ることができます

パートを決める際は声質、ビジュアル等を考え、みんなで話し合いながら決めて行きます。

実際のWe are the worldではプロデューサーとしてクインシー・ジョーンズが活躍したわけですが、自分たちがやる場合でも、音楽にある程度精通しているクインシー的な人をリーダーとしてたてられるかどうかが、成功の確率を高めます。

パート決めのポイントは以下の通り。

  • マイケルジャクソンは一番歌唱力のある人にする
  •  シンディ・ローパーにシャイな人をあてない
  • ディオンヌ・ワービックは隠れたポイント。折り返し地点での出だしのパートなので、すごいうまいか、すごい下手のどちらかを起用しましょう。
  • もちろんブルーススプリング・スティーンもポイント。リーダー的存在の人を起用しましょう。

STEP3 練習

パートが決まったら、練習をします。カラオケ屋さんで十分です。
歌詞は事前にプリントアウトしておきます。
実際に歌っていきながら、パートの調整を行います。

STEP4 レコーディングスタジオ選び

レコーディングスタジオを予約します。
ここは、予算が許す限り、できるだけ大きくゴージャスなほうが盛り上がります。
筆者がお世話になったのは
BURNISHさん
http://www.burnish.co.jp/top.html
です。チャゲ&飛鳥さん等一流アーティスト御用達のスタジオのため、非常にすばらしい設備でした。

We are the worldのプロモビデオを意識して、できるだけドでかいところを予約してください。

予約の際、スタジオのエンジニアの方もお願いしてください。とにかく、いい出来栄えになるかどうかはこのエンジニアの方が要になります。

STEP5 撮影クルーの手配

レコーディング風景を撮影し、後日参加者にDVDを配ります。
そのためにビデオ撮影クルーを雇います。編集ももちろんお願いできるところとします。
事前にWe are the worldのプロモビデオを見ていただき、当日はなるべく同じような映像になるよう撮影していただくことをお願いします。

STEP6 衣装の手配

撮影をおこなうこともあり、衣装はできるだけ用意したほうがおもしろくなります。とはいってもWe are the worldは地味な衣装ばかりなので、マイケルくらい。

また、黒人役の人はやはり黒人になったほうがいいのでドーランはマスト。ドンキに売っています。

いよいよ本番

STEP1 打ち合わせ

パート決定時に生まれたクインシーらしきまとめ役が仕切ってください。
エンジニアの方と打ち合わせをして、レコーディングの段取りを決めます。
大まかな流れは

  • 練習
  • ソロパート録音
  • コーラス録音
  • エンジニアリング
  • 完成

です。

STEP2 練習

1,2回全体を通して歌いながら、パートの確認、心の準備をしましょう。
すでにどんどん仲間意識が高まっていくことが実感できます。

STEP3 ソロパート録音

それぞれのパートを録音していきます。
スタジオにもよりますが、我々は一人一人バラバラにとっていきました。
人によっては何回か録り直しになります。
一人でレコーディングルームに入り、他のメンバーがその様子をコントロールルームでみているため、とても緊張します。

レコーディングルームに送り出す際は、

「がんばれよ」
「お前が要だ」

といった掛け声をかけてあげましょう。録音が終わった後は

「最高だったぜ」
「いいテイクいただきました」

といった言葉をかけてあげましょう。

STEP4 コーラス録音

いよいよコーラスです。
ここはみんなの心を一つにして歌いあげましょう。
途中から肩を組んでもいいですね。
そして、指揮者のクインシー・ジョーンズ役の人は思いっきり指揮をしてください。かなりオーバーにやったほうが出来上がりの映像がおもしろいです。

実際のWe are the worldではコーラスがとても長くなっており、多少冗長になります。よって、この間に参加者一人一人が今年の抱負を語っていくことを強くお勧めします。コメントも一人づつ録音し、あとでmixします

STEP5 エンジニアリング

録音したものをエンジニアの手により、足しこみ、そして修正をしていただきます。芸術的なプロの技をご覧になってください。
合っていなかった音程があら不思議、みるみるなおっていきます。
コーラスも、非常にすばらしく仕上がります。

STEP6 完成

出来上がった曲をスタジオで大音量で聞きます。
参加者全員で肩を組みながら、聞いてください。終わった後、自然に心からの拍手が生まれるはずです。

出来上がった映像をみよう

後日、編集されたDVDをみんなで見ます。
これがまた、当日を思い出し、また結びつきをあらためて感じるとっても楽しい上映会になります。

最後に

We are the worldのレコーディングは

  • 普段やったことがないことをみんなで成し遂げる
  • 歌で心を一つにあわせる

といった点で、本当に仲間意識が高まります。
さらに

  • CDやDVDという形になるものが残る

という点も非常によいです。
みなさんも企業研修や、友達同士のイベントでぜひとも試してみてはいかがでしょうか!

この記事で使われている画像一覧

  • 20090916010803

本記事は、2014年01月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る