生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 老後に趣味を持つために考えておきたいこと

老後に趣味を持つために考えておきたいこと

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

人には必ずが老いがきますが、 楽しい老後を設計していますか?体力も減り、思うように体が動かない時もきますし、金銭的な制限も出てくるかと思います。

今のうちに、老後に楽しめる趣味を考えておきましょう!

まずは、老後に楽しめる趣味をご紹介しますので、自分に合いそうなものをちょっと検討してみてはいかがでしょうか?

写真

ちょっと奮発して、良い一眼レフを購入してみましょう。

被写体は、夫婦や孫、子どもだけではなく、旅先の風景や、日常のなんでもないようなことです。

レンズから覗く日常が、特別に見えてくることもあるでしょう。

撮った写真は、PCでアルバム風に編集したり、孫や家族に手紙付きで贈ってみるのもいいでしょう。

また、写真のコンテストもありますので、応募してみてもいいかもしれません。

ゴルフ

定年退職後は、ゴルフの誘いがよくくるそうです。

仕事をしていたときは、休日だけでしたが、定年後は毎日が休日のようなものです。在職中には練習さえままならなかったゴルフですが、仲間内でレッスンをつけてもらい、一緒にゴルフを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

ゲートボールでも良いでしょう。ちょっと体を動かすのが、老後の体には大切です。

英会話

老後は、夢の海外生活…。なんて考えたことはありませんか?

在職中は忙しくて行けなかった、海外旅行ですが、定年後は時間もお金も自由です。思い切って、海外で楽しむために、英会話スクールに通ってみるのも良いでしょう。

また、海外留学生をホームスティさせて、擬似海外生活を体験してみたり、英会話を教えてもらうのもいいかもしれません。

まだまだ選べる趣味

スポーツ系

  • ゲートボール
  • ゴルフ
  • テニス
  • 水泳
  • 登山

座学、芸術系

  • 囲碁、将棋
  • 読書
  • 俳句
  • 落語寄席通い
  • 絵画、習字
  • 陶芸
  • 楽器、音楽、歌

ボランティア

  • 教育機関の管理人
  • 教室の先生(習字、俳句など)
  • 審判、引率、監視員

おわりに

いかがでしたか?

わりと、今からでも始められそうなものがたくさんあります。

老後の趣味は、健康を維持するだけでなく、ボケ防止にもなりますから、いくつも持っていても損はありません。

趣味サークルにも入って、仲間と楽しく、笑い合ってできる趣味をたくさん持ちましょう!

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130110111942 50ee253e1b5bd

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る