生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 場に合わせた花束を贈る方法

場に合わせた花束を贈る方法

2012年09月10日更新

 views

お気に入り

はじめに

花束を贈るときに、困ったことはありませんか?

お見舞いの花で、NGなものは?開業祝いに良いものは?など、花束も形をかえるだけで、さらに喜ばれるものになることもあります。

今回は、場所・機会に合わせた花束を選ぶ方法をご紹介します。

花束の種類

鉢物

  • ラン

お見舞い以外のほぼ全てに使える、万能ギフト。

高級感もあり、1~2ヶ月持ちます。

開業、新築、展示、開店祝いに向いています。

  • 観葉植物

オフィスの開業、新築祝いによく使われます。

手がかからないので、不慣れな人には花鉢よりこちらがおすすめです。

父の日のギフトにもぴったり。

  • 花鉢、アソート(寄せ鉢)

ボリュームもあって、低予算でできます。

花鉢+観葉植物+雑貨などをバスケットにつめることもできます。

クリスマスなどのシーズンには、飾り付けもできるので、華やかになります。

ラン、観葉植物、花鉢はお見舞いで贈ることは避けましょう

花束

  • 小さな花束(ブーケ)

15~30センチの球状の花束です。コンパクトなので、外出先でわたしたり、こどもに渡すことに向いています。

色次第で、かわいくもでき、シックにすることもできます。

  • 花束(中サイズ)

30~60センチが目安の中サイズの花束。自宅の花瓶に活けることができるサイズ。

出先よりも、自宅などの室内で渡すことに向いています。

  • 花束(大サイズ)

大きすぎて、持ち帰れないので、外出先にはむきません。花屋に依頼しましょう。

主に、法要でツボにいけたり、演奏会・祝賀会などの贈呈イベント用で使われます。

花束を一工夫しよう

一工夫するだけで、とても実用的でありがたい花束のプレゼントになります。

鉢をマグカップにしよう

花束ブーケを小ぶりのものにしてもらい、マグカップにさしましょう。

花が枯れたあとでも、マグカップは使い続けることができます。

また、サイズが小さくなるので、持ち運びが便利になり、外出先での手渡しに向いています。

アソートの鉢にしよう

アソートとは、花の鉢が複数分かれて入れられています。

ガーデニングや園芸が趣味な人にとっては、アソートをもらったあとは、自分の庭に植え替えることができるので、長く育ててもらうことができます。

花束を観葉植物にしよう

花束ではなく、思い切って観葉植物にしてみるのはどうでしょうか?

花はなまものですので、枯れてしまいますが、観葉植物は、手間をかけずに放置して育てることができるので、しばらく鑑賞することができます。

おわりに

いかがだったでしょうか?

花にもさまざまな種類があり、時と場を選びます。

受け取り主に喜ばれる、素敵な花束を選びましょう!

photo by http://www.flickr.com/photos/busbong/4463818849/

この記事で使われている画像一覧

  • 20100810135539

本記事は、2012年09月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る