生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 生理的に合わない人と上手く話せるようになる3つのコツ

生理的に合わない人と上手く話せるようになる3つのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

「何が嫌いというわけじゃないんだけど、どうも受け付けない」

誰しもそんな「生理的に合わない人」がいるものです。

そんな時、出来るだけストレスを感じずに話せるようになる3つのコツをご紹介します。

3つのコツ

その1 決して無理をしない

生理的に合わない事を改善するのは極めて難しいので、そこに力を注ぐ事はかえって大きなストレスになります。

少しでも話す事に抵抗感を感じたら、無理をせずに「合わないんだから仕方ない」とあきらめてしまいましょう。

この後紹介するコツも、決して無理をしてはいけません。

その2 良いところを見つけて、褒めてあげる

褒められて悪い気がする人はいません。何でも良いので相手の良いところを見つけて、言葉に出して褒めてあげましょう。

褒める対象は何でも良いのですが、外見や持ち物よりも、仕事の成果など、その人のパーソナリティに関わる事を具体的に褒めてあげるのが望ましいです。

毎回合うたびに褒める必要はありません。気持ちに余裕のある時に、ちょっと褒めてあげるだけで十分です。

その3 愚痴の替わりに褒める

生理的に合わない人について、職場の同僚などについつい愚痴を言いたくなってしまいます。

これは続けていると癖になってしまうので、出来るだけやめましょう。その変わり、その2で見つけた良い点を同僚にも教えてあげましょう。

こうする事で、ポジティブな情報が人づてに伝わっていきます。

 コミュニケーションのゆがみを矯正する

生理的に合わない人の存在は、実際には自分自身のいびつさを反映している場合も多々あります。

この3つのコツには、問題の合わない人との会話ストレスを軽減するだけでなく、続けていく事であなた自身の人間関係を改善していく効果があります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100808164638

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る