生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 対人の苦手意識をなくす5つの試み

対人の苦手意識をなくす5つの試み

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

どうしても苦手な相手というものは、人生において必ずといっていいほど存在するものです。

避けていればその場しのぎの解決にはなりますが、それが職場や取引先、親戚や家族の知人だったらどうしようもありません。

そこで、その苦手意識をなくして円滑に対応するための方法を紹介します。

対人の苦手意識をなくす5つの試み

1:探さない

過去に自分が嫌いだった人や苦手な人、よくないイメージをもつ人に似ていると、自然とその人にも苦手意識をもつものです。
それならば、その似た部分を探すのを止めましょう。
むしろ、自分の友人や家族を似た部分を探し、できるだけ心象を変えておきます。

2:こだわらない

自分と違うこだわりや信念をもった相手だと、無意識に苦手だと思う場合があります。
とりあえず、自分のもってる価値観を相手に押し付けようとせず、ニュートラルな気持ちで耳を傾けるだけにしてみましょう。
すると、相手と対話するポイントが見えてくる場合もあります。

3:学ぶ

今まで接したことのないタイプだから、苦手意識をもつケースもあります。
その場合は、これは新しい人間を知るチャンスだとポジティブに捉え、学びの場に意識を変えます。
他の人がどのように接しているかを見て学習するのもいい手段だといえます。

4:似ているかも

自分と性格や考え方が似ているから、嫌悪感をもつ場合もあります(逆に好感をもつことも)。
それは自分自身では気づかないものなので、第三者に自分と相手を評価してもらいましょう。
それによって、今まで気づかなかったものが見え、うまく対処できることもあります。

5:諦めも必要

どうしてもうまくコミュニケーションができない場合は、諦めも肝心です。
無理して関係をこじらせずに、できれば誰かを介して対話を図りましょう。
それによって、少しずつ苦手意識を克服できる場合もあります。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130508115433 5189be6967c7f

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る