生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. まるごとカボチャをチン以外で 簡単に切る方法

まるごとカボチャをチン以外で 簡単に切る方法

2014年03月17日更新

 views

お気に入り

はじめに

甘くておいしいカボチャ。

そんな甘さとは裏腹に、堅い鎧を身につけ、まるで侵入者を拒むような姿。どうしたら、簡単に侵入させてくれるのだろうか・・・。

と、まわりくどくなりましたが、まるごとカボチャを頂く機会もあるかと思います。

でも、いざ、切ろうと思うと、堅くて歯が立たない!包丁の刃こぼれも心配!なんて方に、朗報です!

カボチャをまるごとチンする方法もあると思いますが、使わない分は、生のまま保存したいという方や、レンジに入らない!とかレンジがない!という方でも、チャレンジできる方法です。

用意するもの

  • まるごとカボチャ
  • 包丁・まな板
  • お箸

やり方

STEP1

家の中で、一番切れる包丁を用意する。家の中で、一番安定した場所にまな板を置く。

STEP2

カボチャのヘタを両方切って取る。

くり抜いてもOK

STEP3

ヘタを取ったお尻(カボチャの下側)の部分に、種がある場所まで、お箸をグイグイ差し込む。

種の場所は、なんとなく感覚でわかると思います。

そして、通ったなと思ったら、お箸を引き抜く。

STEP4

カボチャの上側(お箸を指していない側)を上にして、ザクリ。今まで、包丁が通らなかったのに、不思議と簡単に包丁が入るはずです。

STEP5

あとは、切込みを入れた部分をきっかけに深く切っていく感じです。(ちょっと力が要るかもしれません)

カボチャの大きさによっては、半分ずつ(手前と反対側)を交互に、包丁をグググと下に押していくように切る。

そうすると、パカッと2つに割れます!

あとは種や綿をとって、お好みの大きさに切って下さい!!

おわりに

特に目新しい技と言うわけではありませんが、カボチャも半分よりは1個買う方が安かったり、また、まるごと1個、頂く機会もあるかもしれませんので、レシピとしてご紹介しました。

それに、チンをしたら、確かにやわらかくなって切りやすいのですが、自宅の電子レンジに入らないこともあるかもしれませんし、使わない部分は生のままとっておきたい場合などもあると思い、今回は、こちらの方法にしてみました。

いずれにしても、カボチャは、堅い鎧を身に着けていますので、手を切らないように、気をつけて、作業しましょうね♪

この記事で使われている画像一覧

  • 20100810171451

本記事は、2014年03月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る