生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦喧嘩を長引かせないためのルール

夫婦喧嘩を長引かせないためのルール

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

ささいな原因で夫婦喧嘩を始めたものの、お互いヒートアップしてしまって長引いてしまうというケースは多いのではないでしょうか。そこで、夫婦喧嘩を長引かせないためのルールを三つほど紹介したいと思います。

夫婦喧嘩を長引かせないためのルール

ルールは、以下の三つです。

  • その1 手をつなぎながら話す
  • その2 相手の気持ちを理解していることを伝える
  • その3 仲直りのしるしに抱き合う

ちょっと恥ずかしいものもあるかもしれませんが、どれも効果絶大です。以下で、それぞれ詳しく紹介したいと思います。

その1 手をつなぎながら話す

まずは、手をつなぎながら話すことです。こうすることによって、二人の距離は近くなりますし、夫婦であることを再確認することにもなりますので、解決へ向けて建設的な議論をしようという気持ちになります。

その2 相手の気持ちを理解していることを伝える

次に、自分の意見を言う前に、相手の気持ちや意見を理解していることを伝えることです。

誰だって、自分の意見を一方的に喋られたら聞く気がなくなってしまいますよね。そこで、自分の意見を伝える前に、相手の意見をちゃんと聞いているよというメッセージを伝えてみてください。そうすることで、相手にも自分のメッセージをちゃんと聞いてもらうことができます。

その3 仲直りのしるしに抱き合う

喧嘩がおさまったら、必ず仲直りのしるしに抱き合いましょう。

夫婦喧嘩をしていると、一度は終わったはずなのに、話をむしかえして再発するといったことが多いと思います。そこで、抱き合って喧嘩が終わったことを明確にすることによって、喧嘩の再発を防ぎます。

おわりに

この三つのルールに共通することは、相手との絆を確認すること、そして、意見も含めて相手のことを大事にしているよというメッセージを伝えることです。

お互いが尊重しあって、良好な夫婦生活を営むことができればどちらにとってもうれしいことのはず。夫婦喧嘩に悩んでいる人は、恥ずかしさは置いておいて、この三つのルールの採用をパートナーに提案してみてはどうでしょうか。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100807091117

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る