生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3. 老後に必要な貯蓄額を簡単に知る方法

老後に必要な貯蓄額を簡単に知る方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

老後に必要な資金額は1億円!

60歳で仕事を引退し、20年間夫婦で暮らすとした時に必要な額は1億円といわれています。地域差や生活様式によって大きく変わるので目安にしかなりませんが、結構な額ですよね。

総務省の平成22年度の調査によると世帯主が60歳以上で仕事を引退したご夫婦の平均月収は約22万円。このうち実際に使えるお金は約19万円。一方、出費の平均は約24万6000円です。

老後は家計が赤字になってしまう人が多いんです。

この赤字分を埋めるために貯蓄をしておくことが必要になります。では、いくらぐらい貯蓄をしておけばいいのでしょうか?

老後の生活資金を計算しよう!

岡三証券 / 老後の生活資金必要額
このサイトを利用して、必要な貯蓄額を調べてみましょう。

STEP1: 必要事項を入力

必要な貯蓄額を知りたいので「9:定年時の預貯金等金融資産はいくら見込まれますか?」を0にしてください。

STEP2: 「計算します」ボタンを押す

ページの真ん中あたりにある「計算します」ボタンを押します。これだけで、別窓で結果が表示されます。簡単ですね。

結果を確認しよう!

ここで出た金額はあくまで目安です。こちらを参考にして、必要に応じて専門家の方とご相談ください。

先ほどの結果が上の図になります。

老後の生活資金の必要額

図では緑色の円で囲まれている部分に注目して下さい。これが、老後に生活していくために必要になる資金です。

資金過不足金額

図では水色の円で囲まれている部分に注目してください。これが、貯蓄しておきたい金額です。

現在の貯蓄額と、老後に必要な貯蓄額を比べて、これから貯蓄したい額を決めて下さいね。

図のピンク色で囲まれた「年金総額」「退職金」「預貯金等」「教育資金」「結婚援助資金」などの金額は状況によって変わります。自分のライフスタイルが変化した時には、改めて計算しなおしてくださいね。

おわりに

ご自身の老後に必要な資金を計算してみていかがでしたか?ゆとりある老後を過ごすためにも、ゆとりある貯蓄を行えるといいですね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/26-025353.php)
(キャプチャ by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100805164633
  • 20100805163445
  • 20100805163523

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る