生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 部屋干しで臭わない洗濯、簡単対策

部屋干しで臭わない洗濯、簡単対策

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

生乾きの洗濯モノのニオイって、けっこう気になりますよね。

このいや~なニオイ、室内に漂うカビの菌や洗濯で落としきれなかった雑菌が洗濯モノに付着して繁殖するのが主な原因なのだとか。

とはいえ、梅雨や秋の長雨の時季は、どうしても部屋干しになりがち。女性の一人暮らしで「外に洗濯モノを干すのはちょっとイヤ…」という人もいますよね。また、花粉情報や黄砂情報を確認して、部屋干しにしておいた方がいい場合もあると思います。

そこで、部屋干しのいや~なニオイ対策をご紹介します!

洗うときのポイント

洗濯モノを洗濯機に入れっぱなしにしない

洗濯機の中は、水アカや洗剤カス、カビなどの温床。

濡れた衣類を入れっぱなしにしておくと、あっという間に雑菌が繁殖してしまいます。

洗濯しおわったものはもちろん、雨で湿ったものもNG。

風呂の残り湯は使わない!

風呂の残り湯には雑菌が多く含まれるので、部屋干しする際の使用はNG。できれば雑菌の繁殖を防ぐ効果の高い酸素系漂白剤を使いましょう!

脱水はいつもの1.5倍の時間をかけて

しっかり脱水をかけて湿っている時間を少しでも短縮することで、カビやニオイの発生を抑止しましょう!

ただし、脱水をかけすぎると、生地が傷んだり洗濯シワになったりするので要注意

汚れのひどいモノは漬け置き洗い

普通に洗ったのでは落とし切れずに残った汚れが、洗濯後カビやニオイの発生源に!

干すときのポイント

干すときは洗濯ものが重ならないよう、すき間をあけて!

干すときに、洗濯モノ同士の間を5cmほどあけると、風がとおりやすくなって乾きがよくなります。

ポケット部分は生地を裏返して外に出す、シーツのような大きいものは中にハンガーを数本入れて隙間を作るなど、できるだけ布地が重ならないようにしましょう

空気の通り道を作ってしっかり循環!

エアコンのドライ機能や除湿機を使って部屋の湿度を下げるのは効果的。
また、扇風機などを利用して空気をしっかり循環させましょう。

できるだけ常に乾いた空気が洗濯モノに当たるようにすれば、室内でもすばやく乾きます

さいごに

さいごにワンポイント!

薄手の衣類や、ある程度乾いたものは、いつまでも干したままにせず、アイロンを使って乾かしてしまうのも、ひとつのテ。シワも取れやすくきれいに仕上がります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100805153748

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る